アンミカの旦那さんの仕事・職業や年齢、兄弟は?馴れ初めは?日本語ペラペラ?

モデル

今回は、モデルのアンミカ(安美佳)さんの旦那さんについて見ていきたいと思います。旦那さんのしごとや年齢、兄弟、アンミカさんとの馴れ初めなどについてまとめました。

旦那

アンミカさんが選んだパートナーはどのような方なのでしょうか。噂によるとセレブだと言われています。

プロフィール

名前:セオドールミラー
出身地:アメリカ
生年月日:1971年1月15日
学歴:ニューヨーク大学を卒業
キャリア:
株式会社電通に入社
その後は本田技研に移籍
日本ゲータウェイジャパンにも在籍する。
ライブドアの取締役も務めた経験がある。
エンパイアエンターテイメント ジャパンで代表取締役社長
兼デザイナーズ家具のイロコデザイン ジャパン代表取締役
その他:2歳から日本に移住

アンミカさんの生年月日は1972年3月25日なので、旦那さんと同級生です。

それにしてもキャリアがすごいですね。会社を点々としているようですが、有名ドコロばかりです。そして、会社を立ち上げて社長にもなり、もう1つ別の会社の代表取締役にもなっています。

学歴など

セオドールミラーさんはゼネコンの社長の父と画家の母との間に三兄弟の末っ子として生まれました。

父親が社長さんということはきっとお金持ちだということなのでしょうね。

ミラー家の男性たちは父親を含めてみなオタク気質、特に父親は新しいものが大好きだったといいます。

スポンサードリンク

父親が買ってきたビデオカメラやパソコンなどはすぐに子供たちのおもちゃになり、ミラー家の子供たちはプロ用の機材のような本格的なカメラで寸劇をしたりレゴでスターウォーズを再現・撮影するなどして遊んでいたそう。

セオドール・ミラーさんが5、6の頃には兄弟で映画を作っていたといいます。

旦那さんが映画に携わっているのは、幼少期から興味があったからなのでしょうね。得意分野があるってそれは強みですね。

学業

ニューヨークで生まれ育ったセオドールミラーさんはニューヨーク大学に入学。

そこで東アジア研究で学士号を取得します。

また、大学1年の時に日本語の勉強を始めたことで日本の禅・建築・宗教などに興味を持ち、大学在学中に早稲田大学への交換留学で来日。

その時には文学・宗教学・比較文化・語学等を学んでいたようです。

日本を訪れたのはこの時が初めてだったそうですが

街も人もとにかく楽しく日本全体がおもちゃ屋であるかのような印象を受けたのだそう。

大学卒業後は日本に住むことを決意したといいます。

なかなかの勉強家だったのですね。それにしても日本全体がおもちゃ屋という感覚が面白いですね。日本人からしたらこれが当たり前と思ってしまいますから、海外から見た日本の一面が見れましたね。

日本語がペラペラ

セオドール・ミラーさんは早稲田大学のHPで「外国人が日本で仕事をする最低条件は日本語と日本文化を日本人と同等レベルに持っていくこと」と語っています。

セオドールミラーさんの日本語が上手いのは、日本に住み仕事をすることを決めて真剣に日本語の習得を目指したからなのでしょう。

日本への意識レベルが高いですね。

勉強家の旦那さんですから、逆に日本人よりも日本のことを知っているかも知れません。次のように、そのようなエピソードがアンミカさんとあったそうです。

日本語がペラペラのセオドール・ミラーさんをアンミカさんは最初「怪しい」と感じたそう(笑)

アンミカさんの間違った日本語をセオドール・ミラーさんが訂正することもあるんだとか!

3歳から日本に住んでいるアンミカさんよりも日本語を知っているなんて、セオドール・ミラーさんはやっぱりエリートなんですね!

さすが知性の高いだけのことはあります。セオドール・ミラーさんの日本語の力が高いというのはまんざらでもなさそうですね。

仕事や会社歴

旦那のセオドール・ミラーさんは留学中に決めたように日本での仕事を開始しました。

電通

セオドール・ミラーさんは1994年に電通に入社。

電通は言わずと知れた日本最大手の広告代理店です。

電通は1901年に設立された100年以上の歴史を持つ会社ですが

西洋人が正式採用されたのはセオドール・ミラーさんが初めてでした。

配属先は営業部。

セオドール・ミラーさんはバイクや車でおなじみのHonda(本田技研工業)の担当になりました。

また、アメリカのパソコンメーカー・ゲートウェイが日本法人を立ち上げる際のマーケティングの相談なども行っていたそう。

ゲートウェイの会長と社長から日本進出を一任されるほどの信頼を得ていたそうです。

電通は大きな会社ですが、その中でゲートウェイの会長と社長の信頼を得るという凄みを感じますね。

日本ゲートウェイ

エリートぞろいの電通の中でも、入社1年目から数億円の仕事を取ってくるセオドールミラーさんはかなり優秀な社員だったようですが、入社から2年たった頃、ゲートウェイからヘッドハンティングを受け電通を円満退社。

1996年に日本ゲートウェイに入社しマーケティングマネージャーやストラテジックプランニングディレクターを務めました。

日本ゲートウェイは電通ほど大きな会社ではないのでずいぶん勝手も違ったようですが、セオドール・ミラーさんの入社後4年で社員数6倍、売上10倍になるなど、非常に勢いのある会社でした。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

セオドール・ミラーさんも忙しいながらも充実した日々を送っていたようですが社長が交代したことで社風が変わり、自分の仕事のスタイルと会わなくなってきたため同社を退社。

日本ゲートウェイを大きくできたのもセオドール・ミラーさんが一役買っていることは間違いないでしょう。しかしながら、社長の交代と社風の変更で退社するという決断は、セオドール・ミラーさんの独自のビジョンを既に持っていたからなのでしょう。

ライブドア

セオドール・ミラーさんの次のキャリアはライブドアの社長。

2000年にライブドアの代表取締役に就任しました。

当時のライブドアが行っていたのはISP(インターネットサービスプロバイダ)サービスの提供でした。

斬新なビジネスモデルで国内ISP6位にまで成長しますが、そのビジネスモデルが2001年ごろ普及し始めたブロードバンド接続に対応できず2002年に経営破綻。

同年にホリエモンこと堀江貴文さんのオン・ザ・エッヂに買収されています。

社長にまで上り詰めたのですね。すごいです。

しかし、経営破綻は起きてしまったのですね。ビジネスはそう簡単ではないことを思い知らされますね。

エンパイアエンターテイメントジャパン

ライブドア退任後は1年ほど仕事を離れて飛行機の操縦免許の取得など今までやりたくてもできなかったことをやっていたセオドール・ミラーさん。

大手有名企業から好待遇の誘いもあったようですが2003年にエンパイアエンターテイメントジャパンを設立し同社の代表取締役となります。

※この記事はインフォちゃんぽんが執筆しました。

エンパイアエンターテイメントジャパンは映像作品制作やイベントプロデュースなどを行う会社。

同社のHPのクライアントのページにはグーグル・マイクロソフト・アメックス・J.P.モルガン・など世界的企業の名前が多数上がっています。

そのほかにもマイケル・ベイ(映画「アルマゲドンの監督」)を起用したアサヒビールのCMや、2014年のブラジルW杯のソニーのガラ・ディナー(パーティみたいなもの)のプロデュース、ローリングストーンズの冠スポンサーの決定、など国内外で多数の仕事を手掛けています。

仕事から離れた期間は、きっと仕事に対する充電期間だったのでしょう。その結果として、会社を設立していますからね。

クライアントにはビックネームが並んでいて重要なポジションの会社であることがわかります。

スポンサードリンク

イコロデザインジャパン

また、エンパイアエンターテイメントジャパン以外にもデザイナーズ家具のイコロデザインジャパンの代表取締役も務めているようです。

ビジネスの才能がすごいですね。もう代表取締役を兼任するなんてポテンシャルが高いです。

兄弟

セオドール・ミラーさんは3人兄弟だそうです。その末っ子になります。

お兄さん2人について紹介します。

次兄:ベネット・ミラー

ミラー家の次男の名前はベネット・ミラーさん。

職業は映画監督です。

代表の映画は「マネーボール」や「カポーティ」だそうです。

兄弟して映画関係の仕事なのですね。子供の頃にカメラで映画を既に撮っていたことが、仕事に活かされていて適材適所といったところなのでしょう。

長兄:J.B.ミラー

ミラー家の長男はJ.B.ミラーさん。

アンミカさんの旦那セオドール・ミラーさんの会社のニューヨーク本社にあたる「Empire Entertainment(エンパイアエンターテイメント)」の代表です。

※本社は1993年設立、日本支社は2003年設立

セオドール・ミラーさんが日本で運営するエンパイアエンターテイメントジャパンの親会社をお兄さんがニューヨークで経営されているといったところでしょうね。

結婚日

2012年7月17日にユダヤ系アメリカ人のセオドール・ミラーさんと結婚。

ここでユダヤ系とでてきますが、すごく頭の良いイメージがありますね。

次のような説明もあるほどです。

アメリカに住むユダヤ人は2%前後と言われていて、ユダヤ人のふるさとイスラエルに次ぐ多さです。

ということは、ミラー一家がその昔、アメリカに移住してきたユダヤ人としても、何ら不思議はありません。

また、ユダヤ人はこれまで多くのノーベル賞を受賞していることからもわかる通り、大変優秀な民族です。

さまざまな迫害を受ける中で「知性」だけは誰にも奪われないという強い思いのもと生きてきたユダヤの人々の優秀な血が、ミラー家の人たちにも脈々と流れているような気がしますね。

そんな知性を持った旦那さんにめぐりあうことができたアンミカさんは幸せですね。

結婚式

結婚式では、海外セレブ御用達のブラン・ドリーム・アクラ(Reem acra)のウエディングドレスやディアディクト(DIADDICT)の総額2億円ともいわれるジュエリーを披露するなど年収数億ともいわれるセレブです。

結婚式にはユダヤ系と日本系と韓国系を取り入れたとも言われているのです。

様々な文化を取り入れた結婚式は、他にはないユニークな結婚式となったことでしょうね。それと億単位の結婚式ですからさぞかし盛大だったのでしょう。

馴れ初め

アンミカと旦那セオドール・ミラーが出会ったのは、2010年に日本テレビで放送されていた「魔女たちの22時」がきっかけでした。

出会いはどこにあるのか予想もつかないものですね。

具体的な出会いは次のとおりだそうです。

出演していたのはアンミカのみでしたが、番組の慰労ゴルフ会で2人は初めて出会い、それから約1年半の交際を経た2012年7月に結婚しています。

自然と打ち解けるような素敵な出会いですね。交際期間もしっかりとあり、お互いを十分に納得した上での結婚だったのでしょう。

再婚の噂

セオドール・ミラーさんがアンミカさんと結婚したのは2012年のことでした。
セオドール・ミラーさんの結婚当時の年齢は41歳。
年収数億円以上を稼ぐ社長が41歳まで結婚しなかったのでしょうか?

お金持ちで41歳なので恋の1つや2つあったのではないかと思いますが、過去に結婚はされていたのでしょうか・・・

もしかしてバツイチとか?
アンミカさんとは初婚なのか?
それとも再婚なのか?
調べてみたところ、セオドール・ミラーさんが過去に結婚していたという情報はありませんでした!
どうやらアンミカさんとは初婚のようです。

初婚とはまさにアンミカさんは玉の輿に乗ったということなのでしょうね。羨ましいです。

浮気の噂

ネット上で、アンミカさんの旦那さんが浮気しているという噂が流れています。

色々と調べてみたのですが、セオドール・ミラーさんの浮気の事実の情報がないのですね。
以前夫婦でテレビに出演したことがあったそうですが、周りが羨むほどのラブラブだったそうですよ。

それではどこから浮気なんていう噂が出てきてしまったのでしょう。それは以下のとおりだそうです。

でも日本人の女性の感覚で見ると「愛してる」と日常的にいう男性は浮気症と見る人も多いですよね。
ひょっとしてそのあたりから、アンミカさんの旦那のセオドール・ミラーさんの浮気の疑惑が持ちあがったのでは?って思います。
セオドール・ミラーさんはお金にシビアな人なので、自分が浮気して、多額の慰謝料を支払うことは避けたいと思うでしょうね(笑)

文化の違いということなのでしょうね。日本人の男性は、「愛してる」とは恥ずかしがってあまり言いませんからね。

ケチという噂

お金持ちと結婚したアンミカさんですが、セレブの旦那にも関わらず、一円もお金をもらってないそうだ。
なんでも、生活にかかる費用は全て折半。
二人で出かけた旅行に関しても折半で、旅行の後日に旦那の口座に費用の半分を振り込むそうだ。

旦那さんはお金にはシビアなのですね。

アンミカさんの旦那のケチっぷりはそれだけではなく、家賃はセオドール・ミラーさんが出してるそうだけど、「食事にかかる費用は女性が出すものだ」という考えを持ってるそうだ、食費はすべてアンミカさんが出しているとのこと。

それでも、アンミカさんは旦那さんのことを慕っているのですね。

そして、月に一度、自宅の清掃を業者に頼むそうで、その費用もアンミカさんが出してるそうだ。
年収億以上稼ぐセレブの旦那だが、お金に関しては異常なほどシビアなんですね。

となると、旦那さんはどこにお金を使っているのでしょうね。きっと、ビジネスのお付き合いに使ったり、自己投資、株式投資などに使っていることでしょう。

インコ好き

アンミカさんの旦那さんはインコが大好きなんだそうです。

セオドールミラーさんが飼っているインコは2匹います。

アラバマ・・・オカメインコ
ペッパー・・・コザクラインコ

それとアラバマちゃんって23歳みたいなんですよ!

可愛らしいインコですね。2羽ともセオドールミラーさんになついています。インコにも愛情を注いでいるからこそなんでしょうね。

長生きの秘訣は室温にあるというのです。
因みにペッパーは20歳を超えているそうです。

インコは暑すぎても寒すぎてもだめだそうです。温度管理に余念がありませんね。しかし、大好きなインコのためなら苦ではないですね。

アンミカの元彼はスパイで目的や写真は?しくじり先生でなぜ話す?聖地セドナとは?
今回は、モデルのアンミカ(安美佳)さんの元彼について見ていきます。なにやらスパイだそうでどんな目的があったのでしょうか。
アンミカは何人で国籍は?帰化したの?年齢は?子供がほしい?子供時代は?
今回は、モデルのアンミカ(安美佳)さんの国籍や年齢、子供がほしいのか、子供時代などについて見ていきたいと思います。

コメント