浅田美代子の愛犬は?動物愛護団体で保護活動をしている?署名運動も?

女優

今回は、女優の浅田美代子さんの愛犬や動物愛護団体での活動について見ていきたいと思います。

愛犬

浅田美代子さんと愛犬。左からダイア、与作、COO(クー)、抱っこされているのがアヴィ

根っからの犬好きということでしょうか。

それにはきっかけがあったそうです。

動物愛護は母を亡くしたのがきっかけ

浅田さんが精神的に追い込まれていた時期がある。2001年12月に母親を亡くし、引きこもりのような状態になった。助けてくれたのが、当時飼っていた2匹の犬だった。

外出したくなくても、1日2回は散歩をしないといけない。何もする気がおきなくても、犬たちは世話なしには生きられない。社会と関わりを持つ原動力になってくれた。「犬たちに救われ、立ち直れたんです」と振り返る。

動物によるセラピーがありますが、まさに浅田美代子さんにとって愛犬がセラピー役となってくれたのですね。

スポンサードリンク

動物愛護団体で保護活動

 8年前、千葉の動物愛護団体からアヴィを引き取って以来、保護犬など不幸な動物を減らすための講演活動などをしている。最近では「飼育環境の数値基準がない今の動物愛護法では、業者のもとで不幸な境遇にある犬や猫を助けてあげられない」と動物愛護法改正を求める署名運動も始めた。

浅田美代子さんにとって動物は特別な存在になったのですね。自分が助けられたから今度は動物を助けようという思いになったのでしょう。

 こうした活動も、回り回って自分に返ってくるという。「犬猫たちのための活動を始めたおかげで、50代になってからも新しい世界が開け、新しい友人に出会えた。そのことが、仕事をがんばる活力にもなっています」

活動することによって仕事の活力にするという発想が素晴らしいですね。ぜひ見習いたいものです。

Tier Loveの代表を担当

Tierは動物愛護先進国のドイツ語で、「動物」を意味します。世界の言葉LOVEとくっつけて、Tier Love(ティア・ラブ)としました。

Tier Loveは、いっしょに暮らす動物たちに愛を贈り、捨てられた犬や猫、動物たちにも救いの手を差し伸べるチャリティー活動を行う人々のあつまり

Tier Loveで集められた収益は浅田美代子が信頼を置く動物愛護団体を通じ、動物の保護、福祉に役立てられます。
捨て犬、捨て猫などの防止、動物虐待の防止など動物への優しさがあり動物の苦しみをやわらげる社会づくりに役立て、飼い主のいない犬や猫、虐待されている動物の保護など、本当の意味での殺処分ゼロをめざします。

大変素晴らしい活動ですね。命は尊いものですから大切にしたいものです。

チャリティーイベント開催

今年2017年2月、主催する動物愛護のチャリティーイベントでお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さんと対談した=浅田美代子さん提供。

イベントでは、親しい芸能人ら約30人に出品してもらいチャリティーオークションをした。なるべく多くの人に、動物たちの現状に関心を持ってもらいたいと思っている。

女優業もこなしながら動物愛護のイベントを開催する、さらには周りの芸能人を巻き込んで大きくする、その力量がすごいですね。

動物愛護管理法の改正に向けて署名活動

発信者:浅田 美代子 宛先:内閣総理大臣、2人の別の宛先
動物たちはそれぞれが、たったひとつきりの「いのち」です。

動物虐待の定義をより明らかにし、

それに応じた罰則規定を設けてください。

これ以上不幸な子達を増やさないために……。

法改定にも浅田美代子さんは動き出しました。動物虐待は良くないことなのでそれを定義して罰則規定を設けるという新しいことに取り組み始めています。

署名活動の全文

スポンサードリンク

署名活動を開始されました。その全文は次のとおりになります。

————————————————–

動物愛護管理法の改正にむけて署名活動をはじめました。

ずっと犬たちと暮らしてきた私にとって、ペット問題の現場に足を踏み入れるのは勇気を要する決断でした。私が目の当たりにした繁殖場は文字通り地獄の様相でした。ドロドロの場所で汚物にまみれ、どこが頭か判別も難しいほどぐしゃぐしゃで、でもその奥には私がよく知る純粋な瞳が輝いていました。

こんな不幸を止めたい、一頭でも多く救いたい。

そして動物として当然である普通の幸せな日々を送ってほしい。それらを現実にすることが犬、そして猫たちに対する私の恩返しです。 次回の「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正時には、真に動物たちを守る法律になってもらわねばなりません。 考え方はいろいろあると思います。しかし団体、ボランティア同士が揉めている場合かな~と思うのです。 今こそ気持ちをひとつに、団結して一人でも多くの署名を集めたいのです。 分散して署名を集めるよりも、協力しあって一筆でも多くの署名をと思います。 一人一人では小さな力でも、沢山の人が集まれば大きな力になると信じています。

あなたの力を貸して下さい。心強い仲間と共に署名活動を始めました。

どうぞよろしくお願いします。

2017年2月4日

浅田美代子/渡辺眞子 (作家)/細川敦史 (弁護士) 【2017年2月4日現在】

————————————————–

動物愛護管理法の改正を求める署名にご協力ください。

次回動物愛護法改正に向けた要望項目

1. 犬猫の繁殖業について免許制の導入を! 【取扱業】

・繁殖年齢、繁殖回数、ケージなどの設備の数値規制

・業者の定年制、管理者1人あたりの頭数制限

・幼齢(生後56日以内)動物の親からの引き離し禁止

2. 動物虐待・ネグレクト事案をはじめ不適切飼育について動物保護制度を! 【所有者全般】

・動物を緊急に保護する命令 の制度化

・虐待事案で有罪判決を受けた者に対し、動物の所有を一定期間禁止する

・反則行為を繰り返す(例えば3回)飼い主の飼養権停止

3. 不適切飼育の監督について民間の活用・行政との連携を! (日本版アニマルポリス)【所有者全般】

・警察と動物行政の連携(41条の4)について具体的なガイドラインの作成

・獣医師による通報(41条の2)を義務化するとともに、通報すべき事項について具体的なガイドラインの作成

・狂犬病予防法違反(畜犬登録や予防注射)の摘発強化のため関連自治体(関連部署)との連携

・駐車違反の取り締まりと同様に、民間の「監視員」の導入

4. 緊急災害時のペット同伴避難の推進を! 【所有者全般】

・法律に災害時のペット同伴が飼い主の義務であることを明記する

・地域防災計画にペット同伴に関する事項を定めることを義務づける(附帯決議10項)

・自治会や町会で、ペット同伴避難訓練を定期的に実施させる

弁護士さんを付けて本格的な活動となります。かなり具体的な内容となりますね。

署名の締め切り

署名運動には締め切りがあります。

浅田美代子さんの署名活動の締め切りですが、結論から言うと2018年までとなりそうです。

なんでも「動物の愛護及び管理に関する法律」というのが5年に1回の頻度で法改正を行うそうですよ。

それに向けて、10万人の署名を集める活動をしているんです。

2018/04/30現在の時点ですとまだ間に合うということですね。賛同される方は署名されるとよろしいのではないでしょうか。

期限は書かれていませんが、実際に浅田美代子さんに問い合わせた方がいるのでそちらを紹介させて頂きますね。

そこで「浅田美代子さん」に「署名」の締め切りに関してお問い合わせをしましたところ下記のご回答を頂戴しました。

—————-

法改正は来年。

今年夏頃から中央環境審議会の部会での見直し議論が始まります。

それまでには、沢山の署名を集めていたいと思っています。

署名締め切りは法改正ギリギリまでと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

—————-

出典:https://ameblo.jp

署名活動はまだ締め切っていないようですね。2018年のいずれかの時点まで受け付けているようですね。

署名はネットか専用用紙から

署名はネットで次のページからできます。

「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正を求める署名

89,186 人が賛同しました。もう少しで 150,000 人に到達します!

目標の10万人まであと少しです。15万人が目標に変わったのでしょうか。そうなると、あと半分というところですね。

署名用紙ダウンロードは、次のページからPDFのリンクからできます。

浅田美代子さん 署名HP

浅田美代子の現在のファッションは?昔の画像もあり。髪型は?がんなの?
今回は、女優の浅田美代子さんのファッションや髪型について見ていきたいと思います。
浅田美代子の明石家さんまとの関係、エピソード、ドラマ共演は?
今回は、女優の浅田美代子さんとお笑いタレントの明石家さんまさんとの関係やエピソードについて見ていきたいと思います。
浅田美代子の天然エピソードは?自宅の住所は?私服は?別荘は?
今回は、女優の浅田美代子の天然エピソードや、自宅や私服について見ていきたいと思います。

コメント