モーリー・ロバートソンの財布とは?血液型や学歴は?若い頃は富山県に住んでた?

DJでありラジオのパーソナリティや国際ジャーナリストなどで活躍中の米国籍のタレントであるモーリー・ロバートソンさん(55歳)出身学歴血液型母親はどんな人なのか、モーリー・ロバートソンさんの財布とは?

など、モーリー・ロバートソンさんの今注目されている事柄についてまとめてみました。

モーリー・ロバートソンの財布とは?

モーリー・ロバートソンさんの財布が“カッコイイ”との声があがっています。

モーリー・ロバートソンさんの財布は、縁担ぎのエピソードがありとても大切にしている財布なんだそうです。

調べてみたところ、モーリー・ロバートソンさんの財布は『genten(ゲンテン)』のもので、カットワーク二つ折り財布(¥21,600

この財布に変えてからコメンテーターの仕事が急増した』といいます。

イタリアのフィレンツェ郊外に代々続く、名門タンナーで伝統的に受け継がれている製法(ヴァケッタ製法)を用いて鞣された上質なレザー(ミネルヴァボックス)を使用。この特別な革をふんだんに使用し、シンプルなデザインだが素材の持ち味をふんだんに活かしたシリーズです。

スポンサードリンク

落ち着いた上品な財布ですよね。

シンプルではあるけれどとても個性的でカッコ可愛いです。

そんなモーリー・ロバートソンさんは今でも癖になってしまっている財布にまつわるエピソードがあります。

物騒な時代があったんですね。

強盗用をお財布に入れて、他は足首に隠すのが平常運転だなんて怖いですよね!

モーリー・ロバートソンの血液型は?

血液型については、公式ページでも公開されておらず、調べてみたところ『O型』と記載されていたり『B型』と記載されていたりで結局のところなんですが、『O型』の説が濃厚なのかもしれませんが明確には分かりません。


しかし、なぜ『B型』説と『O型』説が流れているのか不思議ですね。

モーリー・ロバートソンは広島育ち?

モーリー・ロバートソンさんは“ニューヨーク生まれの広島市育ち”です。

モーリー・ロバートソンさんは、1968年に父親の転勤で5歳の時に広島県に移住しました。そして、小学校5年生までインターナショナルスクールに通っています

その後は、広島市の小学校へ転校し、中学受験をして男子進学校の「修道中学校」にトップクラスの成績で入学しました。

スポンサードリンク

モーリー・ロバートソンさんが『頭脳明晰な秀才』であることは有名ですが、中学受験では進学校にトップクラスの成績で入学ということで、小学生時代から頭が良かったんですね。

モーリー・ロバートソン若い頃は母親の実家の富山県に住んでた?

モーリー・ロバートソンさんの母親の名前はロバートソン黎子(れいこ)さん。

1932年生まれなので今年で86歳になります。

母・黎子さんの実家は、富山県高岡市の大地主

農地改革前は「三歩あるけば一歩は蒲田さん(黎子さんの旧姓)はんの地面」と言われるほどの土地を所有していました。

実家は富山県のかなり有名な土地持ち資産家のようですね!

モーリー・ロバートソンさんはお母さんの故郷である富山県の『富山県立高岡高等学校』に転入されていますが、結局はモーリー・ロバートソンさんの出身地はどこなのか?高校生まで育った広島なのか、母親の実家のある富山県なのか?という声があがっています。

本人によるところの話では『出身は富山県』で、富山県民であるとのことです。

モーリー・ロバートソンの学歴

母親の実家である富山県の富岡高校に編入して卒業をしたモーリー・ロバートソンさんですがその後の学歴についてまとめてみたいと思います。

富山県の高岡高校を卒業後は、東京大学理科Ⅰ類に進学。同大学は言わずと知れた日本を代表する名門大学で偏差値は74です。

ですが、東京大学に合格したモーリー・ロバートソンさんでしたが、同時に受けたハーバード大学マサチューセッツ工科大学スタンフォード大学エール大学プリンストン大学など、アメリカの超難関大学も合格

アメリカの名門大学・トップクラスの大学、数校に合格とは驚きの頭脳ですよね。モーリー・ロバートソンさんが『秀才』であることに間違いはないようですね。

東京大学を受験した理由は『趣味で活動していたバンドのネタ作り』だったそうです。バンドメンバーに東大生が居たら面白いかなと思いつき、受験して合格したそうです。

そして東大に3ヶ月通った後は、ハーバード大学に進学しています。

ハーバード大学在学中も、音楽や資格環境学などを専攻し、最終的には美術学部を卒業しています。

ハーバード大学の在学中に3年間、休学していたことがあります。

その理由がまたモーリー・ロバートソンさんらしくて面白いんですね。

白魔術』を学ぶために3年間も休学されたんだそうです。

ボストンの北にあるセーラムという町で白魔術について3年間学び、ハーバード大学に戻って無事にハーバード大学も卒業したようです。

思いつきで東大を受験して合格してしまったり、ハーバード大学在学中に突然、休学して“白魔術”を3年間も学びに行ったり…。

頭脳明晰『秀才』でありながら自由奔放。そのフットワークの軽さに驚きです。

その面白い発想や経験で、お茶の間を楽しませてほしいですね。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.