Kalafinaの解散理由は?いつなの?Keikoの脱退が理由か?

アイドル

女性3人組のヴォーカルユニットのKalafina(カラフィナ)Kalafinaの解散理由は何なのか、解散はいつで、原因はKeikoの脱退など、2chや海外での反応について詳しくまとめました。

アニメソング界で絶大な人気を誇る女性3人組ボーカルユニット「Kalafina(カラフィナ)」が、2018年今春にも3人体制での活動に終止符を打つことが3月12日、スポーツ報知の取材で分かった。

今後も音楽活動を続けて行くとの事ですが、カラフィナとして活動するとは言及しておりません。

Kalafinaの解散には内部分裂やら、3人での活動は終わったが「解散ではなく休止である」など、色々な噂があるようです。


KalafinaのメンバーKeikoが公式ブログで脱退を報告

私、Keikoは2018年4月1日を持ちまして、長年お世話になりました株式会社スペースクラフトプロデュースとの契約が円満に終了したことをご報告致します。

Kalafinaとして10年間、支えてくださった沢山の皆様、関係者の皆様がいてくださったからこそ、一歩一歩、丁寧に活動する事ができ、日本武道館に立つという夢が叶い、目標としてきた10周年を迎える事が出来ました。
3人で心から追求したいと思う音楽に没頭する事が出来たのは、支えて下さった皆様のお陰です。

Kalafinaとして10年間、支えて下さった全ての皆様に心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

広告

円満にスペースクラフトとの契約を終え、脱退となったことを公式サイトのブログにて報告されたようです。これからソロで活動していくのか一切の情報がなく不明なようです。

ブログの文面だけを見ると、本当に円満に退社となったようですが、真相はどうなのでしょうか。

KalafinaのメンバーHikaruが公式ブログで脱退を報告

私、Hikaruは2018年10月20日をもちまして、株式会社スペースクラフトプロデュースを円満に退社したことをご報告いたします。

Kalafinaとして活動を始め、事務所にお世話になり多くの学びがあった10年間、側にはいつも優しく心強い皆様、関係者の皆様がいてくださいました。
そんな皆様と向き合い、音楽を通して全力で会話することが生きがいになっていました。

思っていた以上に、自分には10年間やってきたKalafinaが大きな存在であり、時間であり、経験でした。
歌い手としての人生や自分の在り方を考える岐路に立った今、心から真っ直ぐ表現出来る旅をしていくために自分に必要なものを探そうと思っております。

Keikoさんの退社から半年以上経ってから、Hikaruさんも円満に退社したことを公式サイトのブログにて報告されています。円満に退社という文面が同じところからテンプレ感が凄いですね。

Kalafinaに対する想いと生きがあり、解散に対する無念さのようなものを感じますよね。
Hikaruさんも今後ソロで活動していくのかについては不明です。
しかし、自分に必要なものを探すということは、音楽に関する自分の居場所を探すということでしょうね。

Kalafinaの解散の理由(1):メンバーの不仲説

メンバーの脱退が相次ぎ、一部では『メンバーの不仲説』が囁かれたようですが、特にこれといった問題は無かったようですね。

特に仲が良かったわけでもないということで、結束力に欠ける部分はあったのかもしれませんが、10年間続けてきた活動を辞めるほどではないということでしょうね。

Kalafinaの解散の理由(2):プロデューサー梶浦由記の退社

カラフィナの全曲をプロデュースしてきた梶浦由記さんも、このスペースクラフトが所属事務所だったのですが、2017年12月に退社報道があり、2018年2月20日付けで退社していたのです。
女性幹部との確執などが原因であると報道されています。

梶浦氏の退社が報じられて以降、事務所に残留するか退社するかで、メンバーが動揺していました。
全幅の信頼を寄せてきた梶浦氏を欠き、これまで通りの楽曲制作は不可能になりました。

梶浦氏不在のままのユニット存続に疑念を抱くメンバーが脱退を決め、分裂することになったようです。

解散の理由として一番濃厚だといわれているのが、梶原由記さんの退社なのだそう。Keikoさんの脱退も梶原由記さんの退社から1ヶ月弱でしたね。

10年間、一緒に活動を続けてきた梶原由記さんの退社で、メンバー内に亀裂が走ったのではないかと考えられます。
楽曲制作も不可能となったことで存続が難しくなり、Kalafinaは窮地に立たされたとのことですね。

梶浦由記のツイッターでの退社報告

長期間に渡って色々な事を学ばせて頂きましたが、ここらでそろそろ自分で頑張ってみようかなと。
今後も勿論音楽のお仕事は続けて参りたいと思っております。

いる場所が変わってしまいますので今まで通りと言うわけには参りませんでしょうが、今後も微力ながら応援して参りたい気持ちに変わりはございません♪

事務所が違ってしまっては、メンバーを応援したい気持ちはあるといえど、直接関われないですよね。

梶原由記さんはビッグネームですし、ずば抜けた才がある方なので独立してもやっていけるでしょうけれどKalafinaはそうもいかないようです。

梶原由記の経済効果はなんと20億円!

梶浦さんの経済効果は…なんと!脅威の20億とも言われています。スペースクラフト側としても、梶浦さんの退社は間違いなく、相当な痛手であることは確実ですよね。

広告

なんでも梶浦由記さんとその女性幹部とで、音楽性が違うことで対立したんだとか。

これだけ人気があり、20億円もの経済効果がある人間を手放す事務所があるんですね。その原因も女性幹部との音楽性の違いで対立となると全くもって意味がわからないですよね。

なぜ20億円を動かす才ある人と、音楽の専門外である女性幹部が「音楽」に口を出して対立する必要があったのか…。単に人間関係で揉めるなら仕方ないのかもしれませんが。

確執にあった女性幹部は社長の娘の可能性

大西一興社長は、1975年に事務所スペースクラフトを設立。
仮に37歳で設立したとすると、今現在の年齢は…79歳!例えば、その娘と考えれば、おおよそ50歳前後と予想できます。

「騒動の女性幹部= 社長の娘」なんてこともありえるんですよね。

梶浦由記さんは、52歳。2人の年齢が近いということで、もしかしたら確執も生まれやすかった?のかもしれませんね。かたや、社長の娘、かたや、事務所の稼ぎ頭…とすれば、どちらが去ることになるのかは…もちろん明白ですもんね。

現在スペースクラフトには、役員を含む女性管理職が3名いるようです。
その中のひとりが、騒動の中心人物である女性幹部だと思われます。

梶原由記さんの事務所への貢献度を考えれば、梶原由記さんが去るくらいの相手だと推測されているからでしょう。
しかし、確証はないようなので何ともいえないようです。

スペースクラフトには女性管理職の方が3人居るとのことですが、梶原由記さんが事務所を去った後も確執があった女性は、スペースクラフトで管理職をされているのでしょうか。

Keikoの梶原由記に対する想い

YouTube上にあった約5年ほど前のKeikoさんインタビューでも
「Kalafinaのプロジェクトに選ばれた時、自分は梶浦さんについて行こうと思った。梶浦さんが求めるKalafinaのKeiko像に沿うように生きていきたいとデビューした時から決めていた」
と語っていました。

他のメンバー以上に梶浦氏との心情関係が深く、彼女以外の人からプロデュースを受ける事など考えられなかったのでしょう。

一時はkalafinaの商標権まで申請し、どうなるかと思いました。

Keikoさんの、梶原由記さんに対する信頼関係が凄いですね。

商標権を申請して脱退するということは、梶原由記さんを追いかけた後にメンバーを集めて再結成をするつもりだったことも考えられます。

もしくは、梶原由記さんを退社させたことによる憤りでKeikoさん自身も脱退、残るメンバーや事務所にも、Kalafinaを存続させたくないという気持ちがあったのかもしれないですね。

Kalafinaのラストイベントはいつだった?

Kalafinaのラストイベントは『Kalafina 10th Anniversary Film ~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~』の初日舞台挨拶がラスト3人イベントになるでしょう。間違いなく殺到すると思うのでプレミアムチケット間違いないでしょう!

【日時】3月30日(金)

【場所・時間】TOHOシネマズ 日比谷:18:30の回(上映前舞台挨拶)

【登壇者】Kalafina (以上予定)

Keikoさんはこの2日後に脱退報告をされています。

10周年記念のイベントがラストになるというのも、何だか切ないですね。

Kalafinaの解散に対する反応(1):海外の反応

KalafinaのオフィシャルYouTubeチャンネルは、残念ながら日本以外の国から閲覧することは出来ないので「このビデオが見られなくて悲しい…」と嘆くコメントが多く見られます。

そのため、彼女たちに対する海外からの声は、ユーザーが投稿している動画に集中しており、コメント欄にはほぼ日本語が見られないほどです。

「私は彼女に伝えたい。若菜は私が今まで聞いた中で最も美しく、崇高な声を持っていると思う」
「永遠に、この曲が大好きです」
など、熱狂的なファンからのものと思われるコメントが数多くあります。
中には
「私は本当に彼女たちの音楽を愛していますが、率直に言うとライブがよくないです」
と言ったファンだからこその厳しい意見も見られた。

また、海外の女性と思われるユーザーから「私は彼女たちの服が大好きです。そのいくつかを真似したいです」という、コスプレ希望の書き込みもあった。

Kalafinaがどれだけ海外のファンからも愛されていたのかが分かるエピソードですね。

海外ではKalafinaの解散にショックを受け悲しむ人たちが多く居たようです。

Kalafinaの解散に対する反応(2):2chの反応

  • 円満な訳ねーだろ!
  • 梶浦が曲作らないんじゃまったく別物だよな。
  • 梶浦なしじゃどうしようもないと思うしこのまま解散でいいんじゃないか。
  • あー驚いた。Kalafina好きだったからな。元気でな。
  • かなり金かけて売り出していたような気がするけど、元は取れたのかな。
  • まぁ世の中に名前は残したし、いい年なんだから結婚引退すればいいんじゃないかな?
  • 欲かいて崩壊か、今のオタ業界らしいや。
  • これまでの経緯を見てもとても円満に事が進んだとは思えないのだが。
  • こりゃ全員やめて梶浦のところ行って別ユニット再結成だな。
  • 梶浦を失ったときに終わってたんだよ。事務所は本当に馬鹿だ。

日本の2ch掲示板での反応は意外にあっさりしていますね。
Kalafinaの解散を惜しむ声もありますが、事務所に対する憤りや批判の書き込みが多かったようです。

Kalafinaの人気ぶりも凄いですが、プロデューサーの梶原由記さんの影響力も凄いです。

コメント