小林麻央の実家は世田谷区下馬か?金持ちなの?小千谷や宗教との関係は?

アナウンサー

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの奥さんの小林麻央さんの実家にまつわる噂の真相について紹介します。

実家の住所が新潟県小千谷から世田谷区下馬に移ったエピソードや、金持ちである噂や、宗教がからんでいて小林麻央さんのガン治療がうまくいかなかった噂など詳しく見ていきます。


小林麻央の実家はどこ?小千谷か世田谷か?

新潟県にある小千谷という場所は小林麻央さんの出身地です。


姉・小林麻耶さんのブログで小千谷市について書かれていました。

私は新潟県小千谷市で生まれ、3歳まで住んでいました。

妹 麻央も小千谷市生まれ(1982年7月21日)。

祖父母が小千谷居住だったので学校が休みになると帰省していました!

思い出がたくさん詰まった場所です。

夏休みや冬休みなんかは小千谷市の祖父母の家に遊びに行ったりしていたことでしょう。
そんな微笑ましい様子が目に浮かびますね。

広告

新潟県小千谷市といえば、コシヒカリで有名な魚沼地域ですね。

小林麻央さんの公式プロフィールで出身は新潟県になっていたので、この情報は間違いないでしょう。

しかし、小林麻央さんのお父さんの職業の関係で色んな所を転々としていたそうです。

  • 新潟県小千谷市
  • ⇒埼玉県与野市(現、埼玉県中央区)
  • ⇒兵庫県西宮市
  • ⇒東京都荒川区
  • ⇒東京都世田谷区

どうやら、現在は世田谷区に実家があるという情報が有力のようです。

実家は世田谷区下馬にあり?実家の写真も

現在の実家の住所である東京都世田谷区下馬には、小林麻央さんが中学生の時に引っ越ししてきたようです。

ちなみに、高校は國學院高等学校(偏差値65)、大学は上智大学(偏差値約62)を卒業しています。

写真は、小林麻央さんのがんが発覚し、実家に報道陣が押しかけたときのものです。

小林麻央の実家はお金持ち?

市川海老蔵さんと結婚できるくらいですから、小林麻央さんの実家も大金持ちのようです。

また、姉・小林麻耶さんは青山学院大学を卒業し、麻央さんも上智大学を卒業しており、姉妹二人を私立大学に通わせていたわけですから、一般家庭よりは裕福なのでしょう。

麻央さんは私立大学卒業の学歴だけじゃなく、見た目のおしとやかさ、上品さもありますので、いいところのお嬢様に見えなくもありません。
生まれながらにしてセレブなオーラをまとっていたのでしょう。

広告

実家はお金持ちなのかという噂の真相に迫るべく、小林麻央さんのお父さんの職業について紹介します。

父親の職業は銀行マン?建築士?

「小林麻央のお父さんは信託銀行の銀行マンだからお給料がいいんだ」という噂と「建築士なのでは」という噂がありました。

小林麻央さんは、自身のブログにおいて、次のように述べています。

「父は建築士をしていたから、憧れていたのかなぁ・・・。」

銀行マンだったという噂もありましたが、麻央さん自身のブログで「父親は建築士」と述べられていたわけですから、お父さんの職業は建築士ということで間違いないでしょう。

そしてさらに、姉の小林麻耶さんのブログでは、

「私の父は会社員でしたが、とても尊敬しています。仕事を頑張っている姿が、とても好きでしたよ。」

と、述べられているため、どこかしらの建築事務所か工務店に所属している建築士だったということが分かります。

父親は清水建設で働いていた可能性が高い

建築士であることのほかに、所属していた会社まで、ほぼほぼ明らかになっているようです。

上述のとおり、小林家は引っ越しを何度かしていますが、すべての引越し先に清水建設の会社があるそうです。
よく特定したもんですよね。
執念というか、ファンの愛というか…。

清水建設は大手の建設会社ですから、お給料もそれなりによかったのでしょう。退職されて現在は悠々自適な生活を送っていることでしょう。

小林麻央の両親は別居中?

小林麻央さんのご両親は悠々自適な生活かと思いきや、穏やかでない噂がありました。
麻央さんの両親は別居しているのではとの噂があります。

別居の理由としては、父親の転勤が多く、ストレスから浮気をしてしまったというものです。
確証がないので本当かどうかは定かではありません。

そして、娘が芸能人であり世間体をきにしてか別居しているけれど離婚はしていないのだそうです。

現在父親はマンションで一人暮らしだそうです。

母親は東京都世田谷区下馬に住んでいると噂されています。

親族(実家)による宗教上の理由で小林麻央のがん治療が不十分だった!?

2017年6月22日、乳がんで小林麻央さんは亡くなられました。

小林麻央さんのがん治療については「宗教」「スピリチュアル」「気功」などのまことしやかな治療方法が行われていた時期があったそうです。

「週刊新潮」は「海老蔵は三度過ちを犯した 小林麻央の命を奪った忌まわしき民間療法」のタイトルでこのように述べています。

海老蔵が犯した3つの過ちとは、

  1. しこりが見つかっていながら再検査を急がなかったこと
  2. 標準治療を拒否したこと
  3. 気功などの民間治療に頼ったこと

まあ、「海老蔵が」という記事でしたが、小林麻央さん自身が選択したことかもしれませんし、海老蔵さんがすべて悪いと決めつけることはできません。

がんが見つかったとき、すぐに治療に取りかかれば5年生存率は90%超であり、病院は当然標準治療をすすめるも、麻央さんは首を縦にふらなかった、という。

標準治療すると、薬物投薬による副作用・切除手術などの身体的な影響が出るため、標準治療を拒否し、宗教的な気功・パワーストーンに頼るような民間療法をしたと言われています。

さらに、「週刊新潮」は、麻央さんが治療を宗教的な『気功』に頼っていたという内容の記事も書いています。

海老蔵さんはもともと、漢方や気の巡りなどの東洋医学に興味を持っていました。
麻央さんのがん治療に海老蔵さんの意向が働いたことでしょう。

「もちろん麻央さんのことを思っての治療でしょうが、乳がんはもはや死に至る病気ではないだけに、気功などではなく、きちんと抗がん剤治療が行われていたら…、と考える周辺関係者も多いようです」(芸能記者)

きちんとした治療をしていれば、亡くなることはなかったのではないかと考える方が多いようですね。

姉・麻耶はスピリチュアルに傾倒していた

スピリチュアルな民間療法といえば、麻央さんの姉の小林麻耶さんも傾倒していたという説もあります。

小林麻耶さんは過去にパニック障害で体調不良を理由に芸能活動を休止していた時期がありました。

(パワーストーン:ジェムリンガ)

このとき麻耶さんが信じていたものが『ジェムリンガ』というパワーストーンを使った健康法だそうです。
しかし、医療関係者の話によると、医学的な根拠や効果はないそうです。

麻央さんを取り巻く近親者が、宗教的な信仰を強くしていたというのは、麻央さんのがん治療に大きな影響を与えていた可能性は大いに考えられるでしょう。

海老蔵の宗教は神習教

小林麻央さんの夫・海老蔵さんの父親の一二代目團十郎さんは、Wikipediaによると、神道(神習教)信者と書かれています。

(海老蔵)

父親さんが神道信者なので、海老蔵さんも神道を信仰しているようです。

小林麻央さんがガンで亡くなられた際に、「みたまうつしの儀」が執り行われたそうです。
「みたまうつしの儀」とは、神式の葬儀で、仏式でいうお通夜のことです。

つまり、小林麻央さんのお葬式は神式で行われたようです。

あんなに元気だった小林麻央さんの死が未だに信じられない人もいるのではないでしょうか。
ご冥福をお祈り申し上げます。

コメント