美輪明宏と三島由紀夫との関係や寺山修司とは?キスのエピソードや石原慎太郎とは?

シンガーソングライター

今回は日本初のシンガーソングライターを自称しその特異なキャラクターからバラエティー番組で存在感を示している美輪明宏さんと三島由紀夫さんについてご紹介していきたいと思います。

美輪明宏と三島由紀夫

シンガーソングライターとして活躍をされている美輪明宏さんと作家の三島由紀夫さん。お二人は実はただならぬ関係があったそうです。

まずは三島由紀夫さんがどんな方なのか掘り下げてみましょう。

三島 由紀夫は、本名を平岡 公威といい、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。

戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。

『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある

海外でも評価の高い「金閣寺」などの作品を執筆し、最期は自衛隊の駐屯地で籠城をした末に割腹自殺をするという衝撃的な最後を遂げました。

三島由紀夫との親密な関係

美輪明宏さんは同棲愛者とカミングアウトしており、三島由紀夫さんも結婚をしていたものの同性愛者のうわさがありました。親密な二人は恋人関係にあったともいわれていますが果たしてどうだったのでしょうか。

スポンサードリンク

この2人には恋愛関係があるんじゃないかと言われていましたが、美輪明宏自身が「恋愛関係はなかった」とはっきりインタビューで答えています。

互いの才能を認め合う者同士、年齢差はあったにせよ、あくまでも互いをリスペクトしあう仲でした。

どうやら恋愛関係はなかったそうなのですが、お互いを認め親密な関係であったのは変わりないようです。

「黒蜥蜴」出演は寺山修司がきっかけ

美輪明宏さんの代表作といえば「黒蜥蜴」です。三島由紀夫さんが脚本を務めたのですがその代表作出演の影には日本を代表する劇作家・寺山修司さんの存在があったそうです。

寺山修司君は半年ほど年下ですけど、「あなたのために台本を書いたからやってくれ」と言われて引き受けました。それを見た三島さんが『黒蜥蜴』を是非やってくれって。「寺山のレトリックが多くて難解な芝居を平易に、そして超絶技巧の台詞術で伝えている」っておっしゃってくださってね。

寺山修司さんの舞台で見せた表現力に感銘を受けた三島由紀夫さんが美輪明宏さんに「黒蜥蜴」の出演を依頼したんですね。

三島由紀夫との出会いのエピソード

親密な関係の美輪明宏さんと三島由紀夫さんですが出会いはどのようなものだったのでしょうか。

出会いは美輪明宏さんが「銀巴里」という銀座のシャンソン喫茶で歌うようになったころだそうです。

最初から三島由紀夫と美輪明宏は仲が良かったわけではありません。美輪明宏が銀巴里で歌い始めたころ、新進気鋭の作家として三島由紀夫は世間から注目を浴びていました。

そんな三島由紀夫が銀巴里で美しい美輪明宏を見初め、なんどか自分のテーブルに付くよう促したものの、美輪明宏は拒否しました。店のマスターを通して半ば強引に自分のテーブルに付かせたほどでした。

三島由紀夫から「何か飲むか」と尋ねられた美輪明宏は「芸者じゃないからけっこうです」と断りを入れます。三島から「可愛くないな」と言われても「ええ、綺麗だからかわいくなくていいんです」と美輪明宏は答えました。

スポンサードリンク

自分より地位も名誉もある人間に媚びない美輪明宏を三島由紀夫は面白がりました。それを機に、2人は親しい間柄になったと言われています。

美輪明宏さんを見初めた三島由紀夫さんでしたが、最初美輪明宏さんはつれない態度だったようですね。

そして徐々にお二人の仲は親密になるそうです。

三島由紀夫がキスを熱望

三島由紀夫さんが美輪明宏さんに惚れ込んでいたエピソードにこんなものがあります。

共演した際、キスシーンのリハーサルで美輪は寸止めしたが、「何故しないの?」と三島は不満そうに答えた。妙に思いながらも次のリハーサルで本当にキスをしたものの、「何故もっと長くしてくれないの?」と再び不満を漏らしたという。

恋人関係ではなかったとのことですが、三島由紀夫さんの心は美輪明宏さんに奪われていたのかもしれませんね。

映画「黒蜥蜴」

上でも触れている通り、美輪明宏さんの代表作は三島由紀夫脚本の「黒蜥蜴」です。

いったいどんな映画なのでしょうか。

原作は江戸川乱歩。

黒蜥蜴とは作中に登場する女性盗賊の俗称。

宝石等「美しいもの」を狙う美貌の女賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎が対決するトリッキイでアクロバティックな冒険物語である。

黒蜥蜴は三島由紀夫さんが美輪明宏さんを思って戯曲化したものだそうです。

美輪明宏と石原慎太郎は険悪

美輪明宏さんと三島由紀夫さんが親密な関係である一方で三島由紀夫さんは作家である石原慎太郎さんの才能をいち早く認めいち早く認め関係を深めました。

しかし、美輪明宏さんと石原慎太郎さんはかなり険悪な関係だったそうです。

二人は仲が悪く、たまたま同席した際、石原慎太郎は「お前が三島さんを呪い殺したんだろう?」と美輪明宏に絡み、美輪明宏は「ああそうさ、ついでにお前も呪い殺してやろうか?」と返したとか。希代の作家が認めた人物同士、簡単にはいかない複雑な関係のようです。

三島由紀夫さんの死に際しこのような小競り合いをするほど仲が悪いんですね。

黒蜥蜴の初演は美輪明宏ではない

ここまで度々触れている美輪明宏さんの代表作「黒蜥蜴」ですが、初演は美輪明宏さんではなかったそうです。

舞台『黒蜥蜴』の初演は1962年。黒蜥蜴役には初代・水谷八重子、明智小五郎役に芥川比呂志で上演されました。その後、多くの役者がテレビドラマ、映画で黒蜥蜴を演じました。黒蜥蜴を演じた主な俳優は以下の通りです。

【テレビドラマ『黒蜥蜴』を演じた女優】
野川由美子(1970)/倍賞美津子(1972)/小川真由美(1979)/島田陽子(1990)/岩下志麻(1993)/松坂慶子(2004)/真矢ミキ(2015)

【映画『黒蜥蜴』を演じた女優】
京マチ子(1962)

これだけ多くの女優たちが『黒蜥蜴』を演じているのですが、やっぱり誰しもが『黒蜥蜴』といって思い出すのは美輪明宏です。

美輪明宏さんは女性である黒蜥蜴役を演じいわゆる女形という立ち位置でした。

コメント