宮本亜門の沖縄の家の売却価格は?別荘の画像は?移住した自宅場所は?実家は喫茶店?

演出家

今回は世界で活躍する日本を代表する演出家で30年以上のキャリアを誇る宮本亜門さんについてご紹介していきたいと思います。

宮本亜門と沖縄の出会い

宮本亜門さんは沖縄と深いかかわりがあることで有名ですが、その出会いはどんなものなのでしょうか。

最初は1993年、ネスカフェのCMの撮影でした。「沖縄に惚れて、一息つく」という設定だったのですが、沖縄に行ったこともない自分がその役割を「演じる」ことに、どこか後ろめたい気持ちがありました。でも、このごく短期間のホテル滞在時に、琉球音楽や人々に触れ、一瞬で沖縄に惚れ込んでしまいました。ここには、ホッとする安らぎがあり、音楽には天上界にいるような旋律に聞こえたんです。これ、日本じゃないなと。最初はそこに興味を持ったんです。

CMがきっかけで沖縄に触れ、その音楽から沖縄の魅力に憑りつかれたようです。

沖縄に家

沖縄の魅力に憑りつかれた宮本亜門さんは沖縄に自宅まで立てたようですが、そのいきさつはどのようなものだったのでしょうか。

その亜門さんが沖縄を舞台に映画を撮り、自宅を建てて東京と行ったり来たりの生活をするなど、沖縄と深く関わっていることはよく知られている。

沖縄を舞台に映画を撮ったことで自宅まで沖縄に建てたようです。

スポンサードリンク

沖縄の自宅売却の理由

自宅を建てるほど沖縄に傾倒していた宮本亜門さんですが、その沖縄の自宅の売却を決めたんだそうです。

なぜその決断に至ったのでしょうか。

しかし、本籍地を移すほど気に入っていた豪邸をなぜ手放すことになったのでしょうか?

おそらく番組内でも語られるでしょうが、私が思う理由としては、一人には広すぎるだと思います。

広さそのものもだと思いますが、やはり宮本亜門さんももうすぐ還暦ですから、いくら若く見えるとは言え、階段の上り下りや、お家内での移動などはかなり大変だと思うのです。

もう少し、暮らしやすい大きさと設備のお家に住み変えたいのかな?と予想します!

このような話も出ていますが、なかなか沖縄に滞在できず利用できないことが理由の一つのようです。

沖縄の豪邸の売却価格

宮本亜門さんが沖縄に建てた自宅は宮本亜門さんのこだわりが見られかなり豪華なものだったようです。

売却価格はどのくらいになったのでしょうか

「でも、本当に売ります」と売却の意思を示した宮本さんにゲストで出演のみのもんた(73)は映像を見た上で「50億円くらいしますよ、これは」と断言。宮本さんは「50億ですか!?」と、あまりの金額に驚愕の表情を浮かべていた。MCの松本人志(54)は「10億なら、この人が買いますよ」と相方の浜田雅功(54)の方を見て言い放っていた。

具体的な売却額はわからないのですが、みのもんたさんの見立てでは50億円ほどではないかということです。

気になる物件の場所

売却を決めたという宮本亜門さんの沖縄のご自宅ですが肝心の立地はどうなのでしょうか。

この両方があったんだけど、南城市の玉城(たまぐすく)あたりに来たとき、素晴らしい自然に接してなんかちょっと楽になったんですね。

亜門さんが後に家を建てることになる場所ですね。

宮本亜門さんのお宅は南城市の玉城あたりにるようですね。

宮本亜門の別荘

宮本亜門さんに沖縄に別荘のうわさがあるようなのですが、自宅のほかに別荘があるのでしょうか。

宮本亜門さんの別荘の情報はありませんでした。どうやら沖縄の自宅を別荘と勘違いしていたのだと思います。

スポンサードリンク

もっとも、沖縄の自宅は別荘のような使い方だったようです。

家を購入時の洗礼

宮本亜門さん沖縄の自宅を購入を考えるにあたって、いきなり洗礼を受けたそうです。

沖縄本島中部の西海岸に面した読谷村で、ふらっと不動産屋さんを訪ねたことがあります。

軽い気持ちで「このへんの海の近くで借りられる家はありますか」と尋ねたら、「ヤマトンチューに貸す家、土地なんてないよ」とバシっと言われたんです。それ以上、何も口をきいてくれなくて……。

本土から来たとのことで土地を貸してもらえなかったようですね。同じ日本でも沖縄の方との距離はあったようです。

沖縄の家の画像

宮本亜門さんの沖縄のご自宅はかなりの豪邸だということなのですがどんな家なのでしょうか。

こちらが宮本亜門さんの沖縄のご自宅です。おしゃれな造りになっていますね。

窓からの景色はオーシャンビューだそうです。

宮本亜門さんの自宅の内装

宮本亜門さんのご自宅の外観をご紹介しましたが、内装はどうなっているのでしょうか。

開放的な明るい印象の内装ですね。

晴れた日のロケーションは最高です。

自宅近くのカフェ

宮本亜門さんは沖縄のご自宅近くにあるカフェがお気に入りだそうで、よく通っているのだとか。

どのようなカフェなのでしょうか。

また、宮本亜門さんの沖縄の自宅の近くに「浜辺の茶屋」というカフェがあるようでここでゆっくり出来るみたいです。

ロケーションもよく食事も美味しそうですね。

沖縄移住で感じたこと

宮本亜門さんは沖縄の魅力に憑りつかれ、結果移住を果たしたのですが移住を通してあることを感じたそうです。

受け入れられたと思ったことは正直ありません。僕もそこに期待していなかったから。「亜門さんは沖縄に溶け込んで幸せにやっていますよね」ってよく言われたけど、冗談言い合ったり、一緒にカチャーシーを踊ったりするのは最高だけど、沖縄の人と完全に一緒になろうとか、なれるとは思っていません。これは沖縄を否定するというのではないんです。

沖縄に溶け込んでいくことはできても、沖縄の方と完全に一緒になれるということはできないと感じたようですね。

宮本亜門の実家は銀座

宮本亜門さんの実家はなんでも銀座にあるそうです。

なんでも喫茶店を経営しているようですが本当なのでしょうか。

店名:茶房 絵李花 (Erica)

住所:東京都中央区銀座7-17-4 日産不動産ビル 1F

お父さんが現在も経営されている喫茶店が銀座にあるそうです。

個人経営の喫茶店だそうですが、なんと席数70席ほどあるそう!

因みに「宮元亜門さん」についても特に隠している様子もなく、宮元亜門さんの舞台のポスターなども普通に展示しているそう!

銀座にある喫茶店がご実家のようですね。

喫茶店の評判についてはこの後ご紹介していきたいと思います。

実家の喫茶店の評判

宮本亜門さんのご実家は銀座の喫茶店ということで、かなりの好立地なのですがその評判はどうなのでしょうか。

お店の位置が、「新橋演舞場」のすぐそばということで演舞目的のご婦人様の休憩場所としても大変繁盛しているそうです!

演舞の前後の時間帯を除くと、おちついた昔ながらの喫茶店としてリピーターの方も沢山いらっしゃるようです。

評判も上々の様子です。舞台近くということで様々な芸能人の方も訪れているようですね。

コメント