渡部陽一のカメラの機種は?愛用しているのはキヤノンやニコンなの?

今回は戦場カメラマン、フォトジャーナリストであり、その独特なしゃべりかたでテレビでも活躍をしている渡部陽一さんのカメラに焦点をあてて、まとめていきたいと思います。

渡部陽一のカメラ

戦場カメラマン、フォトジャーナリストとして活躍をしている渡部陽一さん。一歩間違えると命を落としてしまう過酷な現場で取材をするうえで欠かせないものがカメラです。

渡辺陽一さんがカメラの重要性を痛感したのは学生時代の出来事がきっかけだそうです。

旅行者としてピグミー族に会いに行くため、アフリカのコンゴ民主共和国に行った。

しかし当時はルワンダ紛争のまっただ中であったため、ルワンダの少年兵に襲撃され、カメラを含めた私物全てを差し出すことで何とか助かった。

帰国後周囲の人間に、その被害と少年兵がいる現実を説明したが、理解してもらえなかったことから、その場の状況を伝えられるカメラの必要性を痛感し、「戦場カメラマン」となることを決意した。

アフリカへ旅行に行ったときに紛争地帯で少年兵に襲われたことがきっかけだそうです。

平和な日本ではイメージがつかない戦場の現実を伝えることができるのがカメラであり、その重要性に気づいたんですね。

スポンサードリンク

使用している機種はキヤノン

戦場の現実を伝え続けている渡部陽一さんですが、使用しているカメラはどのようなものを使っているのでしょうか。

Canon EOS-1D Mark Ⅳ

2009年12月に発売のモデルで当時の価格は約50万円程・・・高い!

現在も中古価格で〜16万円程の値がついています。

他にもいくつかのカメラを使っているという情報もありますが、代表的なものはこのモデルです。

このカメラを使用する前には2007年に発売された下位機種のCanon EOS-1Dというカメラを使っていたようですね。

渡辺陽一さんはこのカメラについてこのように語っています。

プロのカメラマンということでカメラの他に、レンズもこだわりがあるのではないでしょうか。

渡部陽一さんが使用しているレンズはこのモデルだと言われています。

CANON EF85mm F1.4L IS USM

同じものかは特定できませんでしたが見た目からしてこのシリーズですね!

最新モデルですと価格帯は約16万円〜22万円!

カメラとレンズのブランドはキヤノンを使用しているそうです。商売道具ということで機材はなかなかのものを使っていますね。

ちなみにカメラフードはこのモデルだそうです。

スポンサードリンク

CANON EW-83E

こちらはフードなので3000円程で買えます

さすがにレンズフードはそこまで高額ではないですね。

憧れのカメラはニコン

キヤノンのカメラを使用している渡部陽一さんですが、じつはいつかは手にしたいという憧れのモデルがあるそうです。

テレビに出演した際に、スタッフが使用していたカメラに対して羨望のまなざしを送っていました。

どのようなカメラだったのでしょうか。

Nikon D4S

2014年発売モデルで価格帯はなんと約69万円〜75万円!!

最高級カメラだそうです。さすがにいい値段がついていますね。

戦場では壊れてしまったり、盗られてしまう恐れがあるのでなかなか高級なカメラを持っていくのは難しいようです。

戦場カメラマンのあいだでは、カメラといえばキヤノンとニコンが2大ブランドでほとんどの人がどちらかのブランドのカメラを使っているそうです。

渡部陽一さんも例外ではないようですね。

渡辺陽一が愛用

渡辺陽一さんの愛用しているカメラですが、かつて、このカメラについてこのように語っています。

古い型で画素数も少ないが、撮影の現場で耐え抜いてくれていて現在でも使っている。ものすごく重いカメラです。

渡辺陽一さんが使用しているキヤノンのカメラはプロの機材の中でも上位の耐久性をもっているものだそうです。

やはり、厳しい現場では軽さや画質よりも頑丈さが求められるようです。渡辺陽一さんが使い続けるのもうなずけます。

意外な秘密が?愛用のカメラ

その頑丈さから渡辺陽一さんが愛用しているカメラですが、戦場カメラマンならではの意外な秘密があるようです。

カメラ見せていただいたらびっくり。

戦場でひかると銃と間違われて撃たれてしまうから、光るところは黒テープを張っているんだそうです。

凄いなー戦場カメラマンですね。

カメラは黒色ですが、ロゴの部分などは銀色になっているので反射しないようにテープでグルグル巻きにしているんですね。

いつ銃で狙撃されるかわからない戦場ならではの工夫です。

平和な日本では、なかなか気が付かない着眼点です。

最後に、渡辺陽一さんがこのカメラで撮影した写真を載せたいと思います。

子どもに寄り添う母親の姿でしょうか。悲惨な戦争のなかではより一層、命の尊さを感じます。

後ろに立っている女の子が持つプラカードに戦争反対の訴えが見て取れます。反戦を訴えるデモの中の1枚でしょうか。アップになった女性の目がどことなく寂しげです。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.