斉藤由貴は宗教家でモルモン教なの?コーヒー禁止?ガーメントとは?

女優

80年代アイドルとして活動し現在女優として活躍している斉藤由貴さんは、宗教家でモルモン教のようなのです。

コーヒー禁止、ガーメントという下着(?)を常時着用など、モルモン教の厳しい戒律についてまとめました。

夫とは宗教がらみで知り合い結婚したことや、W不倫についてもまとめました。


斉藤由貴は宗教家でモルモン教

斉藤由貴さんはモルモン教のようなのです。

父親がモルモン教徒だったからという理由で、斉藤由貴さんも自然な流れでモルモン教徒になったそうです。

あまり聞きなれない名前の宗教ですが、モルモン教がどういったものなのか見ていきましょう。

日本ではあまり馴染みのない宗教ですが、アメリカでは信者が多いのだとか。

モルモン教は「カルト宗教」だと言われています。

キリスト教の異端といって正統キリスト教ではなく、ベルギーでは人権侵害をすると言われカルト認定されています。

その実態はどのようなものなのでしょうか?

モルモン教は、正式名称を『末日聖徒イエス・キリスト協会』といい、1830年にアメリカ合衆国にて宗教家ジョセフ・スミス・ジュニアによって立ち上げられたキリスト教系の新宗教です。

厳しい戒律で有名だそうなのです。

モルモン教の戒律について見ていきましょう。

モルモン教の戒律はコーヒーや紅茶が禁止

モルモン教の戒律は次のとおりです。

・献金の義務があり、収入の10%を教会に納めなければならない。

・コーヒー、紅茶、茶、○バコ、アルコール、麻○、過度の肉食を禁止。

・結婚前の○交渉・自○行為、避妊・同棲愛の禁止。

・安息日とされる日曜日には娯楽としてのレジャーや仕事も禁止。

お茶もダメという事はお水かジュースしか飲めないという事ですよね。

かなり厳しい戒律だと言えますね。

ちなみに、収入の10%を献金しなければならないとありますが、その使い道については明かしてくれないのだそうです。

モルモン教の戒律について色々と疑問が残ります。

正直に言ってしまうと、この戒律を見て入信したくはならないですね。

ガーメントを常に身につけなければならない

モルモン教ではガーメントを24時間着用する義務があるのだとか。

恥ずかしながら、ガーメントという言葉を私は初めて聞いたのですが、どういったものなのでしょうか?

下の画像がガーメントなるものなのだそうです。

ガーメントは祈りの言葉の「着用すべし」と言う意味があります。

入浴、着替え、水泳などの着用出来ない運動等やむをえない場合を除いて、脱ぐことを許されません。

男女で形状が異なるんですね。

ガーメントは下着なんでしょうか。

モルモン教にとっては大変神聖な神が与えた着衣であるガーメントは、一般人から見れば単なる質の悪いメリヤスのステテコに過ぎません。

なんと、女性はガーメントの上からブラジャーなどを着用しなくてはならないそうです。

ノースリーブやタンクトップなども諦めなくてはならないのだとか。

画像では斉藤由貴さんはノースリーブや胸元の空いた服を着ていますが、ガーメントらしきものは見えません。

女優さんですし、衣装もありますから、仕事の場合はガーメントを着用しなくても良いのでしょうね。

斉藤由貴は宗教を通じて夫と結婚

斉藤由貴さんは、同じモルモン教の信者である夫と結婚されたそうです。

夫は一般人と言われています。
インターネット上では、モルモン教徒の小井延安さんだと噂されています。

斉藤由貴さんは、モルモン教信者の友人から、夫のことを米大学留学中の1歳年上の男性だとして紹介されたのだとか。

斉藤由貴さんと小井延安さんは出会ってすぐに意気投合されたそうです。

結婚記者会見で斉藤由貴さんは、

「同じ宗教を信仰しているっていうのはすごく大きかった」

と発言されていました。

そして、夫の小井延安さんはモルモン教の幹部だそうです。

斉藤由貴が宗教の戒律に違反してW不倫

2017年8月3日発売の「週刊文春」で斉藤由貴さんは、W不倫を報じられました。

相手の方は、モルモン教とは関係がなく50歳代で妻子持ちで主治医の一般人だそうです。

斉藤由貴さんは、同日、都内の会見で、男女の関係は否定しましたが、好意があったことは認めました。

私としては、斉藤由貴さんがしどろもどろな苦しい言い訳を言っているようにしか見えませんでした。

斉藤由貴さんが信仰するモルモン教の信者からは、

「この件でモルモン教が誤解されるので、素直に罪を認めてほしい。それができないのなら、退会を考えるべき」

と、怒りの声が上がっているそうです。

そんな中、相手の男性も斉藤由貴さんに好意があったことを次のように認めています。

「斉藤由貴さんの華やかさとそういった面と私生活で見える勤勉さ」

「(斉藤は)確かに、敬虔(けいけん)な信徒です。モルモン教の信徒であって。彼女はすごく信仰に対して誠実です」

「関係は切った。切ったというのは残酷ですけども」

モルモン教の戒律を打ち破るほどの情熱が2人の間にはあったのかもしれませんね。

モルモン教幹部の夫に懺悔しなければならない可能性あり

斉藤由貴さんは離婚していないと思いますが、モルモン教では離婚も禁止されているそうなのです。

さらに、モルモン教では、戒律を破った人がリーダー的立場の人に自分の犯した罪を懺悔する必要があるそうなのです。

斉藤由貴さんの夫はモルモン教の幹部の人ですから、懺悔する相手が夫になる可能性もありますね。

さすがに他の幹部の方にしてもらうとは思いますが…恐ろしいですね。

会見で、離婚について夫には「怖くて聞けていない」と言っていた斉藤由貴さん。

「怖い」といった意味が少し分かる気がします。

コメント