ワクワクさんが逮捕された?理由は?【画像】本当なの?

声優

NHK Eテレ(教育)人気番組『つくってあそぼ』のワクワクさんこと久保田雅人さんが逮捕された噂がありましたがガセネタです。

その理由やゴロリの設定の裏話、ワクワクさんの現在などについてまとめました。

ワクワクさんが逮捕されたと言われる理由

ワクワクさんが逮捕!と聞いたときは驚きました!

著者はワクワクさん世代で小さい頃から見ていたので本当に驚きです。

気さくで優しそうなワクワクさんがなぜ逮捕されたのか。

調べてみると…それらしい記事は出てこず。

なんとガセネタである事が分かりました。

何だかホッとしましたが、なぜそんな根も葉も無い噂が出たのでしょうか。

広告

NHKの番組『つくってあそぼ』が2013年3月30日の放送をもって終了すると報じられました。
これは正式な発表でした。

これにより、

  • ワクワクさんの身に何かあったのではないか、
  • 体調が悪いのではないか、
  • 逮捕されたのではないか、
  • さらには、ワクワクさんは既に亡くなっていて、収録した分が無くなるから『つくってあそぼ』が終わる

というありもしない噂が立ったのです。

結局のところ、ワクワクさんは逮捕されていませんのでご安心を。

『つくってあそぼ』がなぜ終わってしまったのか本当の理由

『つくってあそぼ』は1990年~2013年まで放送されていました。

今、当時の画像を見てもゴロリが可愛いですね。

終わってしまった理由についてNHKは、

「長く続けて来ましたが、そろそろ新作に移行したい」

と述べています。

特に何か問題があったような事ではないそうです。

『つくってあそぼ』の終了に対して、ワクワクさんこと久保田雅人さんは、ご自身のサイトで心境を仰っていました。

『つくってあそぼ』放送終了について

「このことを内緒にしつつ、多くの子供たちに会う辛さ、笑顔を振りまかねばならなかった辛さは、文章に表すことができないほどの辛さでした。

『みんな、ごめんね。』心でそう叫びながらの日々でした」

「こうして一つの歴史が終わり、一つの伝説が生まれます。

『つくってあそぼ』伝説の始まりです。

『つくってあそぼ』は、きっと永遠に語り継がれる番組になるでしょう」

「『つくってあそぼ』を後世に伝えてください。その昔、『わくわくさんとゴロリ』と言う人間と着ぐるみがとっても楽しい素晴らしい工作をしていたんだよ、と」

なんだかイメージしていた優しいワクワクさんのままで嬉しく思います。

前向きに気持ちを語ってくれています。

同世代なら必ずといっていいほど小さい頃見ていた番組でしたね。

リアルタイムで見ていた方が、親になっている世代ですから、もう一度あんな番組が始まってほしいものですね。

ワクワクさんはゴロリを着ぐるみ扱いしたことに対し反省

2013年の「有吉反省会」にワクワクさんが出演しました。

「NHK『つくってあそぼ』のキャラ・ゴロリ君を着ぐるみ呼ばわりしてしまい、世の中をワクワクではなくドキドキさせてしまったことを反省しにやってまいりました」と読み上げて登場。

広告

まあ誰がどう見てもゴロリは着ぐるみですが、それを言わないのが暗黙の了解ですしね。

久保田は番組終了後、自身のブログで「『つくってあそぼ』を後世に伝えてください。

その昔、『わくわくさんとゴロリ』と言う人間と着ぐるみがとっても楽しい素晴らしい工作をしていたんだよ、と」

この一文ですね。「着ぐるみ」とハッキリ言っちゃっています。

さらに…

YouTuberの「水溜りボンド」さんの動画に、ワクワクさんはゲスト出演され、『つくってあそぼ』の今だから話せる秘話を述べています。

ワクワクさんは、『つくってあそぼ』で1つもアイデアを出しておらず、造形作家のヒダオサムさんの作品だったそうです。

以下がヒダオサムさんです。

その他に、ワクワクさんは、「ゴミじゃねえんだ!ばかやろう!」といった過激なタイトルのブログもアップされています。

内容は、『つくってあそぼ』の作品が、掃除の人に間違って捨てられてしまったというのです。

詳細は次のとおりです。

掃除の人たちにすれば、私たちが作ったものは、ただのゴミにしか見てもらえなかったということなのでしょうか。

確かに、番組を見ていてくださる皆さんにはお解かりですが、作品の多くは、あき箱やトイレットペーパーの芯など普通はゴミとして捨てられてしまうものを基本材料として、様々な工作をし、素敵な作品に仕上げているのです。

ですから、そういったものが置いてあれば、見る人によっては、単なるゴミなんですね。もの凄く悲しかった、辛かった。

このブログが泣けるとネット上で話題になりました。

確かに『つくってあそぼ』をリアルタイムで見ていた私も感動してしまう内容です。

ワクワクさんがどれだけ大切に番組を思っていたかがわかる内容ではないでしょうか。

ワクワクさんは逮捕されていなく現在はYouTube出演、工作の教育・講演に年間300本

現在のワクワクさんは、変わらず元気です。

上でも動画を載せましたが、YouTuberの「水溜りボンド」さんの動画に、ワクワクさんはゲスト出演されています。

コーラにメントスを入れて泡が吹き出す実験をされていました。

この動画では、番組『つくってあそぼ』の裏話もしていて、

  • ゴロリの設定は“5才の子熊”
  • わくわくさんの設定は“世界をまたにかけて活躍するデザイナー”
  • 工作の映像撮影は3日かかっていた

などなど、いろいろなお話が聞けて楽しく思います。

トレードマークの眼鏡と帽子はどこに行ってもその姿でいてほしいですよね!

相方のゴロリが横に居なくても楽しそうなワクワクさんです。

ワクワクさんのあの声が本当に懐かしいです!

さらに、ワクワクさんは『つくってあそぼ』で培った技術を活かし、各地で工作の教育や講演を年間300本ほどされているそうです。

ワクワクさんがまだ現役で活躍されていると知って、なんだか嬉しいですね。

懐かしい2ショットです!

本やDVDもありましたね。

今回はワクワクさんについてまとめてみました!

これからまたTVでワクワクさんの工作が見られる日があれば嬉しいですね。

コメント