山瀬まみが骨折した?原因や場所は?現在は?足裏の怪我だった?

歌手

元人気アイドル歌手で現在“バラドル”(バラエティアイドル)でマルチタレントの山瀬まみさんですが、骨折をして大変だったと話題になっています。

骨折の原因は一体何なのでしょうか?
山瀬まみさんは骨粗鬆症なの?

どこを骨折したの?足裏の怪我だったの?

出演番組の復帰時期や骨折の完治の時期などやその他、入院している場所や病院など、山瀬まみさんの骨折にスポットライトを当て詳しくまとめてみました

山瀬まみが両足を骨折していた?

鼻にかかる独特の声で人気のバラドルでお馴染みの山瀬まみさん(48歳)が、骨折をして大変なことになっていたと話題になっています。

2017年9月21日に日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」収録前にスタジオセット裏で転倒し両足を骨折、20日放送のTBSラジオ「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」(金曜・前8時半)で仕事復帰したタレントの山瀬まみが、骨折した時の様子を明かした。

収録中ではなかったようです。

転倒しただけで両足を骨折ってどんなシチュエーションだったのでしょうか?

スポンサードリンク

まだ48歳とお若いですし、人間はそう簡単には骨折をしないイメージがあるのですが、なぜ転んだだけで“両足”を骨折してしまったのか気になりますよね!

所属事務所を通じてコメントを発表

山瀬は「そんなこんなで…やっちゃいました。ごめんなさい。上半身は元気なのに…下半身が一歩もついてきません(泣)。そりゃ~弱気にもなりますが、とりあえず気合い入れて治してきます! 頑張るから…待ってて~~~!!!」と呼びかけた。

ほんの一瞬の出来事で、足が動かず歩けなくなったら誰でも弱気になってしまいますよね。

両足骨折の理由は?

スタジオの裏側で「コードがいっぱいあったところに、ちょっと引っかかっちゃたの。すごいソールの高いサンダルを履いてて、捻挫みたいに少し足がクキってなったんだけど、普段なら体勢立て直せられるんだけど、ソールが高すぎて、ちょっと立て直せなくてちょっと飛んだように転んじゃったの」と明かした。

かかとの高い靴を履いているときの転倒が両足骨折の原因なのだそうです。

一時期、若者やギャルの中で“厚底ブーツ”や“厚底サンダル”などが流行したときにも、転倒による骨折が社会現象となり、ニュースやワイドショーなどで注意を呼びかけられている時期がありましたね。

かかとの高い靴はスタイルを良く見せて足を長く見せる効果があり、靴自体もデザインが可愛いものが多いので、今現在も人気がありますが危険なんです。

骨折の原因は?骨粗鬆症?

今回の転倒による両足骨折で、ヒールが高い靴を履いていたにしても両足を骨折するのは骨粗鬆症などで骨が脆くなっているからではないか?という声があがっているようです。

山瀬まみさんが疑われているのは、「新型骨粗しょう症」というもので、糖尿病や高血圧脂質異常症が原因で、コラーゲンがもろくなり、弾力性が失われて骨折してしまう病気です。

現代社会において、糖尿病などの成人病を抱えている人が増えているので40代・50代でも骨折がしやすくなっているというものです。

山瀬まみさんは料理も上手で「日々の食事くらいは気を付けたい」とおっしゃっているようなので糖尿病などは考えにくいのですが…。

実は山瀬まみさんはかなりの“ヘビースモーカー”として知られていますが、骨粗鬆症と喫煙には密な関連性があり、タバコを吸うと全身の血流が悪くなり女性ホルモンの分泌を妨げ骨量の減少を招き、喫煙している女性は骨粗鬆症になりやすいといわれています。

今回の骨折では高いヒールの靴を履いていたときの転倒による骨折ですが、骨粗鬆症になっていると軽い転倒でも骨折しやすくなってしまっている状態ですから、直接の原因ではありませんし噂をされているだけで山瀬まみさんが骨粗鬆症であるという情報はありませんが、ヘビーに喫煙なさっているとのことで検査をするなり注意してもらいたいですね!

骨折の箇所は?

2か所骨折し「一気にこんな折れんのかなと思って、半端なく痛かったんだけど、まさか両足折れてはいないだろうって思ったんだけど、本番に行って、本番中にどんどんどんどん腫れてくるの。これで腹くくった」と振り返っていた

転倒しただけで、本人も“2か所”骨折しているとは思わず驚いたようですね!

山瀬は、右膝蓋骨(しつがいこつ)と左足第5中足骨を骨折し「両足は途方に暮れますよ。松葉杖の経験はあるんですけど、松葉杖だとケンケンもできるんですけど、両足だとどっちも付けない」と振り返った。

両足ですので生活にもかなりの支障が出たようです。

少しの段差を降りるのに苦労したり、お風呂に入るのが大変だったと語る山瀬まみさんですが、看護師さんや周囲の人の優しさに触れられて、今後にとってはこの経験はありだったとポジティブに語られたようです。

入院していた病院の場所は?

特に情報があるわけではないので明確には分かりませんが、芸能人などが通うことで有名な以下の3つが候補として挙げられるのではないでしょうか。
東京大学医学附属病院
慶応義塾大学病院
帝京大学医学附属病院

これらの病院はセキュリティ性が高いことや患者のプライバシー管理が徹底していることで、芸能人など有名な方がよく利用されるのだとか。

スポンサードリンク

ですので上記の病院を山瀬まみさんが利用していることも十分考えられるでしょう。

人気タレントさんですからセキュリティやプライバシー管理が徹底していないと、そこで24時間しばらく毎日、生活をしないといけない訳ですから大変ですよね。

なのでそういった管理に長けている3つの病院が予想されるようです。

ただこれらはバス・トイレの完全個室で世間一般的にはセレブ病院と呼ばれ、入院費用もその分一般的な病院に比べ高くなっています

そのため山瀬まみさんの入院が長引くようであればその分入院費用がかさみますので、金銭面の問題で上記のようなセレブ病院ではなく、一般の病院に通っていることも考えられるかもしれませんね。

全室、完全個室で部屋にバス・トイレが付いているまるでホテル暮らしのような病院だけに入院費がお高いとのことで長期での入院はさすがの山瀬まみさんでも厳しいのでは?とのことで一般病院に入院する可能性も無くはないとのことなんですね。

病院の場所は“都内である”ということだけ発表されています。

現在の容態と復活の時期は?

全治3ヶ月と診断されましたが、結果的には車いす卒業までにおよそ5ヶ月(2018/2まで)かかりました。

当初、全治3ヶ月と診断されたとの報告がありましたが、骨折した部位によってはリハビリも必要になりますし、車いすを卒業して社会復帰に至るまで5ヶ月ほど掛かったようです。

2017年9月に都内でのテレビ収録前にスタジオで転倒し、両足を骨折したタレント・山瀬まみがレギュラーを務める11月7日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ」(火曜・後7時)で番組復帰を果たした。

スタジオで、「山瀬さんが復帰しました」と紹介されると、悪ノリして、足に乗ろうとしたウエンツ瑛士(32歳)に対し、「まだ乗っちゃだめ」と冗談で返すなど、笑顔で登場。

「大丈夫です。(番組を)病院で見てたけど、4時間スペシャルなんて、途中で消灯時間になった」と笑わせた。

現在の山瀬まみさんは、後遺症もなく通常の生活をしていらっしゃるようです。

番組「新婚さんいらっしゃい」座ったままで司会

9月に両足を骨折したタレント・山瀬まみ(48)が24日、大阪市内で行われた、テレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」の収録に参加してテレビ復帰した。

2週分の出演をキャンセルした山瀬は、司会の桂文枝(74)に「山瀬まみさん、復帰です」と迎えられると「ただいま。すいません。またよろしくお願いいたします」と笑顔であいさつした。

骨折時2週分は番組をお休みしていたとのことです。

20年出演している『新婚さんいらっしゃい』を欠席したのは、今回が初めてだったというのにも驚きです。

まだまだ立ったり座ったりするのも不自由な様子で、収録中はずっと座ったまま。ゲストの新婚夫婦が登場する際は「諸事情により」と恥ずかしそうに座席から出迎えし、収録後は「立ちたくて仕方ない!」と叫んだ。

山瀬がそんな状態のため、文枝は同番組の名物となっている“いすからコケる”アクションをする際は「(山瀬が)まだ立てないので、私がこけたら自分で(立ち上がります)。セルフサービスです」と宣言。「今、全部自分でやらなあかんから、あんまり私をこかさんといて」とボヤキながらも、宣言通り自ら立ち上がった

車いすを卒業するまでに結果5ヶ月掛ったということですから、骨折をして2週お休みしてからの復帰はかなり早いですよね。

この時、退院したばかりとおっしゃっていたようなので、入院生活は数週間といったところでしょうか?どちらにしても落ち込むことなく、自ら笑いのネタにしたりポジティブな山瀬まみさんを拝見することが出来て視聴者の方々も安心されたのではないでしょうか。

山瀬まみが怪我したのは足裏?

山瀬まみさんが怪我をした箇所は2ヵ所ですが、右膝蓋骨(しつがいこつ)と左足第5中足骨を骨折とのことですが、右膝蓋骨(しつがいこつ)は文字通りの右の膝だと分かりますが、左足第5中足骨とは聞きなれない部位ですので一体どの部分なのか、どういった骨折なのか分からない方も多いと思いますので、まとめてみました。

ジョーンズ骨折(第5中足骨基部骨折)

前足部でみられる骨折の中でも難治性であるといわれているのが、Jones骨折です。

これはこの症例を報告したJones氏にちなんで名前が付けられています。

下の図のようなつま先立ちの姿勢で足をひねり、一回の外力でこの骨折が生じる場合も合いますが、一般には疲労骨折であると考えられています。

一般的には疲労骨折が原因で起こることが多い骨折らしいですが、山瀬まみさんの場合は足を捻ってからの骨折とご自身もおっしゃっていましたようなので…

“つま先立ちの姿勢から足をひねる”ことで起こるとのことで、高いヒール靴を履いていたのでつま先立ち状態になっていたことが原因のようです。

解剖図で見ると、赤い丸で囲んだ第5中足骨の基部と呼ばれる部分で折れてしまいます

Jones骨折であっても、全部が全部手術になるわけではありません。
固定療法で治る場合もあります

山瀬まみさんの場合は手術はなく器具による固定療法での完治ということでした。

足の外側に継続した痛みが出るのが特徴の骨折だそうです。

この骨折のもう1つの特徴は、この部分は血行が他の場所に比べて少ないので、骨が癒合しにくい場所で完治に時間が掛かる難治性の高い骨折と言われているそうです。

この両足骨折が原因で出演番組は次々キャンセルで精神的にも辛く不安な時期であったと思われますが、山瀬まみさんはこの時の“車椅子”での生活で不便に感じたことや周囲の思いやりや優しさ・気遣いに触れ、自身の今後の人生にとってはこの体験は貴重だったといいます。

長期間、車椅子での生活を強いられる体験などはなかなか出来ることではないですし、バラドルとしてマルチタレントとしての仕事にも生きてくるのではないでしょうか。

今後の彼女のタレント活動から目が離せませんね。

コメント