日向亘 本名は「鍛治原日向」、母親と姉が応募したオーディションで名乗っていた

有名人

俳優の日向亘(ひゅうが わたる)は、名前をみただけで芸名だろうと思える。そこで気になるのは本名だ。

母親と姉がホリプロのオーディションに日向を応募したときに、本名を使っていた。

兄弟に姉がいるようだが、ドラマで共演した女優の有村架純が姉役で話題になった。

それでは詳しくみていこう。

スポンサーリンク

本名の一部を芸名に採用

本名は「鍛治原 日向(かじはら ひゅうが)」で芸名が「日向 亘(ひゅうが わたる)」だ。

見て分かるとおり、本名の下の名前がそのまま芸名の名字に当てられたのだ。

芸名の下の名前「亘」の由来はどのようなものなのか。芸名は自分で考えたわけではなく、所属事務所が決めたようだ。所属事務所のホリプロは次のようにコメントしている。

「一日一つ」と読めることから、「実直に一つ一つのことを取り組んで、大成してほしい」という意味が込められている。

それから、本来、漢字の持つ意味である「わたる」「めぐる」のとおり、「多くの場面で活躍し、たくさんの人に知られる存在になってほしい」と明かした。

芸名が発表されたとき日向は、「自分が別の人になるような不思議な感覚でしたが、同時に、この名前でがんばろうという覚悟も芽生えました。目の前のことを一つずつ真剣に取り組み、多くの人たちに僕を知っていただけるよう、がんばります」とコメントしている。

このコメントと「亘」に込められた意味とがリンクしているように思う。

本名の「鍛治原」は珍しい。全国に約80人ほどしかいない。日向の出身地群馬県には少数しかいない。多い地域でも広島県に約20人ほどだ。

世の中からは、

「日向亘くんの本名って下の名前がひゅうがくんだから 自分もみんなも呼びやすいのかもね〜❤︎.*」

「日向亘くんて本名は下の名前が日向くんなんだ!かっこいいな」

というコメントがあがっている。

スポンサーリンク

オーディション応募のきっかけは母親と姉

出典:Twitter

2019年、14歳のときに、ホリプロが開催した「メンズスターオーディション」で6468人の中からグランプリに選ばれ、事務所「ホリプロ」に所属した。

このオーディションでグランプリを受賞した当時は、まだ本名の「鍛治原日向」を名乗っていた。

母親と姉が、オーディションの記事をみつけ、日向の写真を送って応募した。

家族構成は、父、母、姉2人、の5人家族のようだ。それとペットとして愛犬の「ネネちゃん」がいる。

当時、身長173cmで体重52kgのイケメンの息子なり弟なりを応募したくもなるのだろう。現在の身長は181cmでまだ伸びている。

グランプリは史上最年少記録となった。同じ事務所に所属する藤原竜也の記録を1ヶ月更新した。

日向は藤原にずっと憧れていて、藤原の主演の映画・ドラマの連動企画「太陽は動かない」で共演できたことにすごく嬉しがった。このドラマへの出演はオーディションの副賞の1つだった。

スポンサーリンク

ドラマ『姉ちゃんの恋人』で有村架純が姉役に

出典:Instagram

ドラマの設定上の姉も話題となった。

それは、2020年10月から放送が開始されたドラマ『姉ちゃんの恋人』に次男役として日向がドラマ初出演した。姉役が女優の有村架純だ。それから長男はKing&Princeの髙橋海人、三男は俳優の南出凌嘉が共演している。

このドラマは、ある日、交通事故で両親を亡くし、姉が、3人の弟を養いつつ、働き先で出会った同僚役の俳優・林遣都に恋をするというもの。

有村と日向の姉弟ツーショット写真は、2人ともパーカーを着ていて本当の兄弟として見えなくもない。

ファンからは「パーカー姉弟可愛すぎる」「この2人のツーショ貴重かも」などの声が集まった。

コメント