水森かおりの年齢と身長はサバ読みか。結婚相手は氷川きよしか。紅白の衣装が奇抜。

歌手の水森かおりさんの身の上話をまとめています。

年齢はサバ読みしているのか、身長は見た目よりも低いなど。

それと結婚を宣言したが実際どうなのか。歌手の氷川きよしさんからアピールされたのですが笑顔で交わしたのです。

また、NHK紅白歌合戦において、衣装が奇抜であることや、なぜ毎年のように出場できるのか、バックダンサーは誰なのか。

詳しく見ていきましょう。


水森かおりは年齢をサバ読みしているか

水森さんは「年齢をサバ読みしているのではないか」「年齢不詳だ」と言われています。

次のツイートをご覧ください。

悪く言ってしまうと、老け顔だということを言われているのです。

検査で細胞年齢が50代という結果がでたのでした。

基本的なプロフィールを見てみましょう。

  • 本名:大出弓紀子(おおでゆきこ)
  • 名前:水森かおり
  • ニックネーム:みもりん
  • 生年月日:1973年8月31日
  • 出身:東京都北区
  • 最終学歴:城西大学女子短期大学部

2020年現在、47歳となります。

顔を見てみるとそれより老けてみえますね!

老け顔は辛いと思いますが、きれいな顔立ちだと思います。

サバ読みは、事実無根で、本当に47歳ですので、ご安心ください。

本当かどうか疑わしい人のために、同年代の芸能人の写真をご用意しましたので、比較してみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

篠原涼子(@ryoko.shinohara_fan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayumi(@achan0711)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

水森かおり(@mizumori1)がシェアした投稿

上から、篠原涼子さん、深津絵里さん、水森かおりさんの順番ですが、こうしてみると確かに同じ年齢には見えません。

が、よく考えてみてください。篠原涼子さんと深津絵里さんは女優業です。それに比べて、水森かおりさんは演歌歌手です。

そりゃあ前者の方が綺麗に決まっています。

水森かおりの身長が意外にも低く153センチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

水森かおり(@mizumori1)がシェアした投稿

水森かおりさんの身長についてみていきましょう!

ステージにあがっている水森さんをみると、ほとんどロングドレスをきているため、身長が高く見えます

しかし、身長は153センチなんです。

なぜこのように見た目と数値が一致しないのかというと、15センチのハイヒールを履き衣装で隠しているからなんです。

これは驚きのハイヒールの高さですね。

体重は推定40キロ前後で、この身長にしては普通。こんなに小さいのに、あれだけ演歌で声が出るのはすごいですね!

水森かおりが結婚を報告したが事実か

アラフィフになる水森さん。ご結婚されていてもおかしくないのでは?と思ったそこのあなた。実は結婚宣言しています。

2014年、「長良グループ演歌まつり2014」の公演後に「結婚しました!」と宣言したのです。

これにはファンも驚き、祝福ムードになったのです。

しかし、水森さんが結婚宣言した日は、4月1日だったのです。

つまり、エイプリルフールなので、結婚宣言は嘘でした。

これは残念!エイプリルフールネタということで、微笑ましい嘘ですね。でも、ファンの方にとっては、早く結婚して幸せになってほしいと思われていることでしょうから、嘘から出たまことと言いますし、現実になってほしいですね!

氷川きよしからアピールされたが水森かおりは笑顔でかわす

 

この投稿をInstagramで見る

 

氷川きよし / HIKAWA KIYOSHI(@hikawa_kiyoshi_official)がシェアした投稿

同イベントに水森さんと歌手の氷川きよしさんが共演し、こんなやり取りをしていました。

水森さんが結婚宣言し、エイプリルフールで嘘であったことを種明かし、

「もうだれでもいい。爽やかでジーンズの似合う人なんて言ってる場合じゃない」

と焦りをみせると、

氷川さんが、「ぼくベストジーニストに選ばれたことがありますよ」とアピールしたのです。

しかし、水森さんは笑顔でかわしたのです。

見事に玉砕ということで氷川さんは涙でズンドコ節でも歌ったのでしょうか。

なんにせよ、微笑ましいエピソードですね!

水森かおりのNHK紅白歌合戦の衣装が奇抜

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴木ただし(@tadappi)がシェアした投稿

NHK紅白歌合戦で衣装がすごいと呼ばれているひとは小林幸子さんや美川憲一さんが挙げられると思いますが、実は水森さんも奇抜な衣装で話題になっています。

水森さんは、2012年の紅白歌合戦から巨大衣装を披露しています。

2017年の出場前には、

「今年の衣装はまだ言えませんが、NHKからは大きな目玉にしたいといわれていて、みんなに幸せを振りまくようなものにしてほしいとも言われている

とコメントされています。

奇抜な衣装を着るのはなぜでしょうか。

小林幸子さんに対抗して、こういった衣装を着ているのでした。

「幸子さんの衣装も楽しみです」

「今回は私も例年以上にすごいんです!」

と対抗心をにじませたこともありました。

小林幸子さんは、その衣装からネットではラスボスと呼ばれるほど印象が強いですが、対して水森さんは中ボス止まりだそう。二人とも、闘争心を燃やしてこれからも頑張ってほしいですね!

また、その時には今は亡き恩人で実業家の徳間康快さんのお墓を訪れて、紅白に15年連続の出場が決まったことを報告したのでした。


出典:【紅白リハ】巨大衣装の水森かおり、ついに飛ぶ 初の宙吊り「もっと上がってもいい」 | ORICON NEWS

2017年は宙づりに挑戦しました。

初日の出をイメージした直径5メートルの太陽をバックとしています。

そして、高さ3メートル60センチまで舞い上がったのです。

紅白歌合戦で宙づりしたのは水森さんが初です。

ありそうでなかったんですね。意外です。

水森さんは、

「飛ぶと聞いてたときはびっくりしたけど、光栄です」

もっと上がってもいい。恐怖感はないですね、バランスを取るのは難しいですけど」

と余裕を見せていました。

うーん、確かに、高さ3メートル60センチは若干低い気がします。技術が進歩して、会場中を飛んで回れるような演出ができることに期待したいと思います。

水森かおりがNHK紅白歌合戦になぜ毎年出場するのか

水森さんは、これまで連続して15回も紅白に出場しています。

同じ回数としては、他に浜崎あゆみさんや、森昌子さんなどがあげられます!

ちなみに、紅白に一番出場している方は誰だか知っていますか?答えは石川さゆりさんで40回です!すごいですね!

それにしてもなぜ毎年、水森さんは紅白歌合戦に出場できるのでしょうか

このように疑問の声があがっています。

それは、水森さんが歌うご当地ソングに理由があります。

どの歌を歌うかが重要なのではなく、大事なのは日本の中で埋もれてしまったその地方が、水森さんのご当地ソングによりクローズアップされ、地方の人達が満足できるからなのです。

なるほど、筆者としては、納得できました。確かに日本人は「海外の反応」などを見るのが好きです。それを見て俺はこの人と同じ日本人だ!俺はすごい!と錯覚します。それと同じでしょう。

逆に、まだ歌われていない都道府県はあるのでしょうか。調べてみると、千葉、栃木、徳島、福岡、宮崎の五つの県が歌われていないのです。なにか理由でもあるのでしょうか。これからに期待ですね!

水森かおりがNHK紅白歌合戦に出場したときのバックダンサーはアクロバットダンスチーム「G-Rockets」


出典:【紅白リハ】巨大衣装の水森かおり、ついに飛ぶ 初の宙吊り「もっと上がってもいい」 | ORICON NEWS

紅白歌合戦の水森さんのダンサーについて調べてみると、日本初の女性アクロバットダンス・カンパニー「G-Rockets」が例年踊っています。


出典:G-Rockets 紹介 | アクロバットダンスカンパニー「G-Rockets」

アクロバットダンスというものは、バク転や側転などを取り入れたダンスだそうで、凄そうですね。一度拝見してみたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)