ラウールの兄 名前が村上真輝リカルド、ダンスが得意、目黒蓮の弟と同級生

Snow Manメンバーでダンサーやアイドルとして活躍するラウールには5歳上の兄が1人いる。Snow Manメンバーの目黒蓮の弟と同級生なのだそうだ。ラウールと体型が同じで兄弟で服の貸し借りをするほど仲が良い。特技はダンスで様々な大会で好成績を残している。

名前は「村上真輝リカルド」

兄の名前は「村上真輝リカルド」と書く。「真輝」の読みは不明で、「まき」「なおき」「まさき」「まいき」などと読める。

ちなみに、ラウールの本名は「村上真都ラウール(むらかみ まいと らうーる)」で家族から「マイ」と呼ばれている。兄からも同じ呼ばれ方をされてるのだろう。逆に、ラウールは兄のことを「にい」と読んでいるのだろう。それはSnow Manで最年少のラウールは同メンバーのことを「にい」と呼ぶからだ。

兄はラウールの5歳上で1998年生まれ。2021年現在23歳となる。

父がベネズエラ人で母が日本人のハーフだ。

ベネズエラで生まれた。その後、ラウールが生まれる5年間のどこかで家族が日本に移住したと思われる。

体型が兄弟で同じ

ラウールいわく兄と体型が同じ。2020年当時、身長が185cmほどだった。

ある日、ラウールの服が家からなくなったのだ。兄とラウールは体型が同じだから、服を共有しているのだが、兄は、俺が買った服は俺のものって考え方なのと、ラウールの服を着たまま友達の家へ置いてきたりしてしまう。それでラウールの服のレパートリーがどんどん減って困るのだそうだ。

ちなみに、父は190cmあるそうだ。兄弟の背の高さは父の遺伝だろう。

特技はダンス

出典:『環八蒲田住宅公園』のFacebook

2013年に蒲田住宅公園で行われた「Dance Festa」で、ラウール兄弟を含む4人チームの「JUMIX」が、15歳以下の部で、最優秀賞を受賞したのだ。これは2013年5月28日に、『環八蒲田住宅公園』というFacebookのアカウントに投稿された。

おそらく写真の左上が兄・リカルドで、右上がラウールだろう。

「JUMIX」のメンバーは、相原キヤナ、カラカヤ ダフネ、村上真都ラウール、村上真輝リカルドとされる。

ダンスの全国大会「ALLJAPAN SUPER KIDS DANCE CONTEST 2012」にも「JUMIX」が出場している。この頃からラウール兄弟のダンスが評価されていてうまいことがわかる。

兄弟は全国大会や世界大会に出場し好成績を残す実力者で「コンテストの荒らし」と称されるほどだった。

その他、2013年8月に公開された日本初のキッズダンス映画「SHAKE HANDS」に出演したことがある。そのポスターに出演者として村上真輝リカルド、村上真都ラウールの名前が載っていた。

現在、兄の職業は公開されていない。年齢から考えると、大学を卒業して、仕事をしているのではないだろうか。小さい頃からダンスが得意だったので、その関係の仕事をしているのかもしれない。

目黒蓮の弟と同級生

兄は、SnowManのメンバー・目黒蓮の2歳下の弟と同級生だ。幼稚園時代に一緒の「ゆり組」で幼馴染だった。

このため、目黒弟の友達家族とラウールの家族が仲良しだったそうだ。

しかし、小学校からだろうか、学校は別だったそうだ。おそらく家の通学区域が違ったのだろう。

兄弟構成をまとめるとわかりやすいだろう。

ラウールと目黒蓮は兄弟のように仲が良い

ラウールと目黒蓮の関係が本当の兄弟のように仲が良い。

既にファン公認の仲で、「めめラウ」と呼ばれる関係にある。

ラウールも、「ここまで一緒にいて楽なのは目黒蓮がはじめて」「本当の兄とも仲悪くないけど、めめみたいな距離感ではない」と本当の兄弟以上に親しい関係にあると認識している。

目黒も、人懐っこい性格のラウールが可愛く思っていて、自分より年が若く母性本能をくすぐる、彼氏にするならラウールと言っている。

ある日、2人で夜の公園で遊んだ後に、目黒は毎回ラウールを駅まで送る。目黒がその駅を使うわけではない。夜遅くに制服でラウールを1人で歩かせるのは心配だから。改札のところで「気をつけね」と声をかけラウールがホームに上るのを確認してから、自分が使う駅まで1人で戻る。

仲が良すぎる。もはや親心か、子供か恋人を大切に思うような行為だ。

目黒の弟は、目黒のことを憧れの存在としていて、目黒とラウールとの仲の良さに嫉妬しているそうだ。

【関連記事】
ラウールはハーフ 父がベネズエラ人、母が日本人、スペイン語が一言も話せない
Snow Manラウール 最新の身長が195cm超え!?入所からの推移をグラフで見る