浅野忠信の若い頃がイケメンだった【画像集】現代版小松菜奈のオシャレ系

浅野忠信さんといえば様々なドラマや映画で幅広い役柄で活躍している俳優です。

今も素敵ですが、若い頃の浅野忠信さんはオシャレ系イケメンと言われています。

幼少期の浅野忠信さんや、芸能界デビューのキッカケなどをまとめてみました。


浅野忠信の若い頃がイケメンだった【画像集】今で言う小松菜奈みたいにオシャレ系

浅野忠信さんの若い頃を画像と共に見ていきましょう。

https://twitter.com/Gloria52009715/status/1122535639751114752

1988年、15歳、ドラマ「3年B組金八先生(第3シリーズ)」に出演しました。いまのワイルドさはまだなくあどけない感じですね。


出典:映画「眠らない街 新宿鮫」

これは映画「眠らない街 新宿鮫」に出演した、1993年、当時19歳頃の写真です。若々しいですね。

これはずいぶん若い頃ですね。浅野忠信さんがInstagramを更新しました。

ファンからはこんなに若い頃の写真をアップしてもらって嬉しいしレアだと言われています。


出典:明治カフェレシオ MEIJI CAFE RECIO

こちらは、1995年頃のCM「明治カフェレシオ MEIJI CAFE RECIO」です。

スッキリとした顔立ちのイケメンですね!

浅野忠信さんは、正統派ではないところが、今で言う小松菜奈さんみたいにオシャレ系だと言われることもあります。

長めの髪が特徴的で、ツリ目で、年齢と共に顔立ちが優しくなった印象です。

ちなみに、小松菜奈さんの画像も載せておきます。

確かにキリっとした顔立ちと正統派ではないが美しい雰囲気が似ている気がします。小松菜奈さんもイケメン顔ですね。


出典:浅野忠信とCHARAの下敷きより

元妻のCHARAさんと一緒に写っている下敷きです。

こちらも元妻のCHARAさんと、娘・SUMIRE(佐藤菫)さんと写っている写真です。

浅野忠信さんは1995年にCHARAさんと結婚し、2009年に協議離婚しています。

それにしてもワイルドでイケメンですね。

浅野忠信はクォーターだった!父親は日本人で母親はオランダ人とノルウェー人のハーフ。そのため幼い頃の髪は金髪

浅野忠信さんは、1973年、神奈川県横浜市の生まれです。

母親がオランダ人とノルウェー人のハーフ、父親が日本人で、浅野忠信さんはクォーターです。

父親は浅野忠信さんが現在所属する事務所の社長を務めていた佐藤幸久さんです。

ちなみに浅野忠信さんには2歳年上の兄が居ます。美術家の佐藤久順(ひさとし)さんです。


出典:NHK『ファミリーヒストリー』(?)

幼少期の浅野忠信さんです。母親がハーフということもあり、地毛は金髪ですね。

マッシュヘアがとても可愛い画像ですね。

そして、母親の順子さんがとても美人です。

浅野忠信の母親は、学校を休ませてでも子供をドライブに連れて行くし、一人でディスコに繰り出す


出典:女性自身

浅野忠信さんの母親はとても破天荒だったそうで、こんなエピソードがあります。

母親は浅野忠信さんに、「学校をサボってドライブに行こう」と誘うのです。そして、近所の講演で夏はビキニ姿で日光浴をするのだそうです。

このような提案する母親は珍しいですね。常識にとらわれない自由な教育方針をお持ちだったようです。

両親は、浅野忠信さん兄弟を家に残して、夜中にディスコに行ってしまうことが度々あったのだそうです。そして、兄弟で母親が居ないということで近所の家に泣きついたこともあったそうです。

子供を放ってディスコに繰り出す両親は、今だと大問題になりそうですが浅野忠信さんは、そんな自由奔放な母親の元で育っています。

このような両親の育て方から浅野忠信さんは「ヒッピーの子供で生まれた」と当時の生い立ちを振り返っています。

ヒッピーとは、簡単に言えば、脱社会的な思想や行動に走る人たちのことを指します。

浅野忠信の父親は調子が悪いと言って家で寝てばかり

浅野忠信さんの父親について述べておきたいと思います。

父親は整理整頓が得意で几帳面だったそうなのですが、その反面、家ではいつも調子が悪いと言って寝ているばかりだったそうです。

父親は精神的に病んでいたのでしょうか。几帳面な人ほど神経質になり精神的な負担が多くなりそうに思います。

しかし、父親は業界では有名人で、過去にビートたけしさんとコンビを組んでいたし、石倉三郎さんのマネージャーをしていた経験もあるのです。

浅野忠信さんは、幼い頃から、父親の仕事柄、芸能界が身近な存在だったのですね。

浅野忠信の父親は逮捕歴が最低でも4回ある

父親も母親と同じようになかなかの破天荒な人物で逮捕履歴が少なくとも4回あります。

時間順で説明していきます。

1回目:2000年、大〇を使用した容疑で逮捕、執行猶予付きの有罪判決

2回目:2008年、覚〇剤取締法で逮捕、執行猶予付きの有罪判決

3回目:2017年11月、覚〇剤の吸引用パイプの所持で現行犯逮捕される、執行猶予中であったにもかかわらず渋谷の道玄坂で警官に職務質問されたことで発覚

4回目:2018年6月、尿検査で薬物反応がでたため現行犯逮捕、これも同じく職務質問されたことにより発覚

これらの事件は、浅野忠信さんの実父だったこともあり世間でも大きく報道されてしまいました。

2017年の逮捕で、事務所社長を退任し、浅野忠信さんの母親・順子さんとも女性関係が理由で離婚しています。

60代という年齢にも関わらず、クラブに頻繁に出入りしていたという情報もありました。

なかなかブラックなお父様です。

ちなみに、父親が逮捕されたニュースが流れたとき、浅野忠信さんは2017年10月、ドラマ「刑事ゆがみ」に刑事役で出演されていました。

タイミングが悪いですね。

そして、浅野忠信さんは父親の逮捕を受けて、事務所のホームページで謝罪文を次のように発表されています。その一部を抜粋します。

父は大きな過ちを犯しましたが、僕にとってはたった一人の父ですので、今は父のことがとても気がかりです。

家族として何か寂しい思いをさせてしまっていたのかな、と思うと今後はより支え合って多くの時間を父とともに過ごしたいと考えています

引用元:浅野忠信が所属する事務所ホームページ

浅野忠信さんは父親を思いやる心をお持ちのようですね。今後は家族で支え合いながら穏便な生活を送ってもらいたいものですね。

父親が一番に食事を始めて残り物を子供が食べる厳しい家庭で浅野忠信は育った

母親の順子さんがあるインタビューで語っていたのですが。


出典:第10回 浅野順子インタビュー|山口小夜子×高木由利子「蒙古斑革命」

うちは「私たちが白だと言ったら、白なの」という感じだったから。子どもは残っているご飯をいちばん最後に食べればいい。

だって、パパが働いているんだから、いちばん最初のご飯はパパのものでしょう。

引用元:第10回 浅野順子インタビュー|山口小夜子×高木由利子「蒙古斑革命」

ひと昔前の九州男児のような感覚でしょうか。

なかなかファンキーな家庭で育った浅野忠信さんです。

浅野忠信は目立ちたがり屋で人を喜ばせる仕事を希望し芸能界デビュー

浅野忠信さんは、上でも述べたように小さい頃から金髪だったこともあり、目立つ子供でした。

そして彼自身も目立ちたがり屋な性格だったそうで、いつかテレビに出たいという思いがあったのだそう。

自分が日本人という意識があまりなかったんです

と浅野忠信さんは話しており、幼い頃から海外志向があったのだそうです。

浅野忠信さんの俳優デビューは15歳の頃ですが、プライベートではバンドブームということもあり、バンド活動もしていたそうです。

浅野忠信は1988年『金八先生シリーズ3』に出演していた

浅野忠信さんが俳優としてデビューした作品がドラマ「金八先生シリーズ3」でした。

まだあどけない浅野忠信さんの画像です。

ちなみにこの頃は「佐藤忠信」と本名で俳優業をしていたそう。

俳優業のきっかけは、ずっと無職だった父親が突然、タレントのマネージャーを始めたことだったのです。

そして、父親から「金八先生のオーディションを受けてみろ」と勧められて受けてみたところ見事、合格したのだそうです。

父親がずっと無職ということにも驚きですね。

金八先生シリーズは人気俳優や女優の登竜門のようなドラマですね。

浅野忠信さんは海外の作品を含めると、これまでに100本以上の映画に出演されています。

今では、どんな役柄も演じられる個性派俳優となりました。

浅野忠信が若い頃の時代には、「イケメン」という言葉ではなく「二枚目」「色男」と表現されていた

浅野忠信さんは若い頃から色男といった感じでした。

私生活でも様々な女性と噂や熱愛報道があるところも色気を感じさせる原因かもしれません。

かなりモテることは事実らしく、元妻のCHARAさんを始めとして数々の女性芸能人と浮名を流しています

そんなモテ男、浅野忠信さんの幼少期から若い頃のまとめでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)