久間田琳加 父の仕事の都合でフランスに住んでいた、ハーフっぽい!?

「りんくま」ことファッションモデルの久間田琳加(くまだ りんか)の家族構成は父、母、兄の4人だ。

父親はエリートサラリーマンなのではないかと言われている。6年もの間、家族でフランスに海外赴任していたからだ。

それと、母親は久間田のSNSにたびたび登場する。

兄は6歳上で、既に家から出ているようだ。

久間田は学生の頃、バレエを習い、豪華な部屋を公開している。家は金持ちと言われることや、久間田がハーフと言われる真相についても見ていく。

父親はエリートサラリーマン!?

出典:Twitter

2017年6月18日の父の日に、久間田がTwitterを更新した。「いつでもどんな時でも頼りになるパパ. 本当にありがとう!」と述べて、写真とメッセージカードを添えたプレゼントを父親に渡したようだ。

写真は、父親に抱っこされた久間田が映っている。

父親は、顔が黒のハートのスタンプで隠されているが、黒髪なことがわかる。

そして、久間田はまだ2,3歳ぐらいだろうか、背が小さく、左手にクマか犬のぬいぐるみを抱いている。

背景には白髪の外国人と思われる人がぼんやりと写り込んでいる。おそらくこの写真はフランスで撮られたものだろう。

それは、父親の仕事の都合で、久間田が1歳から6歳まで、フランスの第2の都市とも言われるリヨンで暮らしていたからだ。

父親の職業はサラリーマンのようで、外資系の商社マンか、外交官などと予想できる。そうすると年収1000万円は超えていそうだ。

母親は専業主婦か!?

母親に関する情報は少ない。しかし、久間田が可愛らしいため、美人なのではないかと予想できる。

久間田はSNSで母親についてのエピソードを述べることがある。

2014年5月11日の母の日に、久間田は自身のブログを更新した。

【参考】母の日♡ ニコラ撮影! | 久間田琳加オフィシャルブログ Powered by Ameba

「朝ごはん、お弁当、夜ご飯を毎日作ってくれて…朝起こしてくれたり、家族の健康に気を配ったり…私に勇気をくれたり…感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうを何回言っても、足りないです。お母さんいつもありがとう。」と母親への感謝の気持ちを綴った。

母親は専業主婦なのではないだろうか。朝昼晩のご飯を毎日作る体力と時間があるため、そう予想できる。

出典:Twitter

また、2017円5月17日の母の日に、久間田はTwitterで「お母さんいつも支えてくれてありがとう」と母親に感謝するとともに、カーネーションの写真を投稿した。

さらに、2019年5月13日の母の日に、久間田はTwitterで「私も母の日、渡しました」と呟いた。なにを渡したか明らかにされていないが、母親を思う気持ちが伝わってくる。

兄と「仲直りしたい」

久間田には、6歳年上の兄がいる。兄は既に働いているのか家から出ているようだ。

2019年年10月15日、バラエティ番組「グータンヌーボ2」に久間田が出演し、「兄の連絡先を知らない」と嘆き「連絡先をゲットしたい!」などと兄との距離を縮めたいことを明かした。

久間田は兄と一時期、会話がほとんどなかったそうだ。「お風呂どっちが先に入る?」という業務連絡くらいだった。兄と話さなくなったきっかけは、久間田の反抗期がひどくて兄に「やめて!」「うざい!」などと言ったから。今、久間田はそのことに後悔している。

「どうやったら(兄の連絡先を)入手できました?」と、相談された同番組に出演していた女優の西野七瀬は「どうやったんだろ。10代後半かな」と答える。

すると、久間田は当時18歳であり、連絡先をゲットするタイムリミットを19歳までと考え焦りだし、「ヤバいあとちょっとじゃん、私もゲットしたい!」「恥ずかしいけど、仲直りしたい」「また昔みたいに遊んで欲しい!」と言い、兄との関係の修復を望んでいた。

2021現在20歳となった久間田は、兄の連絡先をゲットできたのか明らかになっていない。

金持ちか!?バレエを習い、玉川学園卒、部屋が豪華

久間田の家は金持ちだと言われている。その理由はいくつかある。

上でも述べたが、父親が6年間ほど海外赴任するほどのエリートサラリーマンであり収入が多いだろうこと。

さらに、久間田は、3歳の頃から中学校までクラシックバレエを習っていた。小学校時代の夢がバレリーナになることだった。バレリーナと聞くと衣装代やレッスンの月謝などお金がかかるイメージがあり、お金持ちを連想させる。

ちなみに、小学校6年生の時に「ニコラモデルオーディション」でグランプリの5人に選ばれ、当初はバレエの練習とモデルの仕事を両立していた。しかし、次第にモデルへの熱意の方が高まり、バレリーナへの夢は諦めた。

出典:中学校卒業 | 久間田琳加オフィシャルブログ Powered by Ameba

久間田が通っていた学校は、東京都町田市にある私立の玉川学園だ。この学校は「金持ちが通う学校」というイメージが一般的にある。幼小中高の一貫校で、学費は中等部だと年間130万円ほどかかる。偏差値は中等部で52、高等部で58と平均より高め。久間田は小学部から高等部まで通っていた。同学校の卒業生に、ミュージシャンのDAIGOや演出家の宮本亜門などがいる。現在、久間田は、高等部を卒業し同系列の玉川大学かそれと別の亜細亜大学に進学したという噂があるが、大学に進学した事実はない。

出典:雑誌「ニコラ」

2014年2月ごろ、雑誌「ニコラ」に当時中学1年生の久間田の部屋が紹介された。部屋は、小さい頃に住んでいたフランスのイメージと紹介されている。白とピンクの家具でそろえられ、ベッドカバーが水玉模様でガーリー系、壁紙がレモン色、というようにかわいいお姫様系だ。これを読んだ読者は、久間田がフランスに住んでいたこと部屋のかわいらしさに驚く。

このような理由から久間田の家は金持ちだと予想できる。

ハーフか!?フランス語が話せない

久間田がハーフと噂される。フランスに6年間住んでいた帰国子女、白人のような白い肌やパッチリとした目元から、ハーフと言われるのだろう。

しかし、純粋な日本人と考えられる。それは最近のファッションモデルはハーフならそうと公表する傾向にあるが、久間田の場合はそうは言っていないからだ。

ちなみに、久間田は上でも述べたように6年間フランスに住んでいた。しかし、現在、フランス語は忘れて話せないようだ。