女優りょうは旦那がTOSHI-LOW。劣化した現在を若い頃と比較検証。個性を活かした一重瞼

女優りょうさんについての疑問の数々をまとめてみました。

りょうさんは、旦那がどんな人なのか、一重瞼なのか、若い頃と比べて劣化している噂などについて。

それでは詳細を見ていきましょう。


女優りょうの旦那は「ブラフマン」のヴォーカルTOSHI-LOW、実家が食品加工業

りょうさんの旦那さんはロックバンド「ブラフマン」のヴォーカルTOSHI-LOWさんです。


出典:BRAHMAN・TOSHI-LOWが語り尽くす、言葉と格闘した20年 「あざとい考えが頭に出てくる前に、先に歌が出るような体にならないと」 – Real Sound|リアルサウンド

  • 名前:TOSHI-LOW(としろう)
  • 本名:宮田俊郎(みやた としろう)
  • 生年月日:1974年11月9日
  • 出身:茨城県

2003年4月1日に結婚し、りょうさんのほうが2歳年上で姉さん女房です。

TOSHI-LOWさんは筋肉ムキムキなのに、りょうさんのことを「りょうちゃん」なんて呼ぶんだそうです。見た目のギャップから可愛らしいですね。

夫婦喧嘩することもあり、りょうさんにTOSHI-LOWさんはよく泣かさられるんだそうです。これもムキムキの見た目からは意外ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

知らなかった!この2人が夫婦#BRAHMANボーカルTOSHI-LOW#女優りょう

kingyo☆金魚(@kingyo429)がシェアした投稿 –

茨木県水戸市出身のTOSHI-LOWさんですが実家がほうれん草の食品加工業を営んでいるとのことです。

幼稚園か小さい頃に、出荷用の箱を作る手伝いをしていたそうです。

「冷凍のほうれん草なんかを作る工場で、今は角を持ってパコってやると底が出来るダンボールなんですけど、当時はデカいホッチキスみたいのでガチャンガチャン…って止めなきゃいけなかった。箱を作ると1個1円って、お小遣いがもらえて。幼稚園ぐらいかな?アルバイトの初体験です」

引用元:BRAHMAN (Vo.)TOSHI-LOWさん | アルキタ

アルバイト初体験が幼稚園と語るTOSHI-LOWさん。1個1円は幼稚園児にしてはなかなか良いアルバイトですよね(笑)

女優りょうは容姿のコンプレックスを逆に個性として活かす

同性からも人気の“かっこいい女性”のりょうさんはどんな女優なのでしょうか。りょうさんの魅力をまとめてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

寂しがり♂LINEメル友募集中😀(@arashi0721teru)がシェアした投稿

りょうさんは、15歳(1988年)のときに原宿でスカウトされモデル業を開始します。

涼し気な女性」に憧れていたことから、芸名は最初「涼」でしたが、それから「りょう」に変更しました。

4人兄弟の3番目で、兄2人と弟1人で子供の頃から男の子っぽかったと言います。

見た目は、小顔で切れ長の目に高い鼻、スッキリとした顎のラインでハンサム顔です。

しかし、過去にこの個性的な顔がコンプレックスだったそうです。

そのコンプレックスを逆にりょうさんらしさを醸し出していると言えます。顔がコンプレックスだというのにも驚きです。こんなにキレイなのに。

順風満帆に歴を重ねてきたイメージがあるのですが、実はそうではないようです。

それは、個性を活かす方針である所属事務所から、下手な芝居をするのではなく、君は個性を伸ばしたほうが良いから、という理由で、レッスンに来なくて大丈夫と言われたのだそうです。

それを、2015年に放送された『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合)において、りょうさんは振り返っていて、

「声を出す仕事をしたこともなかったし、芝居の勉強もしてこなかったから、どうしたらいいかわからなくて毎日悔しい思いをしていた

とコメントしています。

逆に、今のりょうさんが持つ“独特な個性”を守った事務所の方も凄いなと思ってしまいます。

女優りょうの劣化が話題に!?若い頃と現在を比較

女優・モデルとして活躍していたりょうさんですが、2005年に出産・育児に専念するためテレビであまり見かけなくなっていました。

そんなりょうさんですが、劣化していると話題があがっているようです。若い頃の画像と現在の画像で比較検証してみたいと思います。


出典:1995年2月20日発売non-no


出典:1996年7月20日発売non-no


出典:ドラマ「ロングバケーション」、1996年、女優活動を開始

1995年、non-noの表紙を飾ったころは流石に若いですね。

1996年、ドラマ「ロングバケーション」で女優活動を開始しました。

過去の若い頃の画像を紹介してきましたがどうでしょうか?

次は割と最近の画像を紹介していきたいと思います。

https://twitter.com/orionfine/status/607044704006381568

出典:NHK朝ドラの『まれ』、2015年


出典:ドラマ「家を売るオンナ」、2016年

出典:ドラマ「コードブルー」、2017年

昔と現在のりょうさんを比べると、頬のあたりがコケているように見えます。

2017年のコードブルーの画像の頬がこけているのは役柄だという噂もあります。変わらず魅力的なのではないでしょうか。

しかし、2020年現在、47歳のりょうさんは、2児の母親でもあるし、年齢の割にもスタイルもいいし、きれいだと筆者としては思います。

産後に太ってしまったけれど、さすがのりょうさんでもスレンダーな体型に戻すのには苦労したそうです。やはりそれなりの努力をしているのですね。

女優りょうは一重瞼でクールビューティー

りょうさんの特徴は目元にあります。

一重と言いますか、奥二重と言いますか、切れ長な目が魅力的です。

メイク方法にもそれなりに気を使われているそうに見えます。

そこで、りょうさんのメイク術を簡単に紹介したいと思います。


出典:資生堂(?)

  1. 全体的な印象をアーモンド状の形になるように、瞼の上と下にアイライナーを入れる。
    ※上の瞼は、目頭から目尻へ少しはみ出すほどオーバーにリキッドアイライナーで描く。こうすることで明暗がはっきり仕上がります
  2. リップは厚めに塗る
    ※ぷっくりとした唇に仕上がります。
  3. そして、どんな時も口角を上げるように意識すること。
    ※これによりチャーミングに見せます

一重の人でもメイク術をマスターすれば、りょうさんみたいなカッコイイ一重になれるかもしれませんね。

日本人の7割が一重だと言われているようですが、最近のメイクはアイプチやメザイクなどで二重にするのが主流ですから、7割が一重だと聞いてもピンとこないですよね。

あまり一重の方を見かけなくなった気がします。

なによりも、二重よりも一重瞼のほうがクールビューティーな雰囲気が醸し出せます。さらに、知的で仕事でも頼りにできるイメージがあり、男性ウケも良いです。

確かに海外のアジアンスーパーモデルの方とかは一重の方が多く、しかもすごく綺麗でカッコイイんですよね。

二重瞼だとどうしても可愛らしくなってしまうんです。

育児や仕事との両立は大変ですが、りょうさんを心待ちにしているファンの方々のためにも素敵でカッコイイりょうさんを見せてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)