米倉涼子 元旦那との離婚理由はモラハラか。再婚相手の候補はアルゼンチン人。

女優の米倉涼子は、過去に1度離婚を経験している。元旦那は、元リクルート出身で、会社経営者の太田靖宏。離婚理由は元旦那によるモラハラと言われている。

現在、米倉は再婚が秒読み段階と言われている。お相手はアルゼンチン人のダンサーであるゴンサロ・クエッショだ。2人の共通点はアルゼンチンタンゴ。

元旦那は元リクルート出身の太田靖宏

出典:株式会社スタジアム

米倉の元旦那について紹介しよう。

太田靖宏(読み:おおたやすひろ)。株式会社スタジアム代表取締役。年齢は米倉の2歳年下。1977年頃の生まれとなる。身長は180cmほど。

経歴は次のとおり。

  • 2001年リクルート入社
  • クーポンマガジン「HOT PEPPER」の創成、成熟に主要メンバーとして携わる
  • 入社5年目にして同マガジンの編集長に抜擢
  • 2012年リクルートを退社
  • 同年、株式会社スタジアム(旧「株式会社ライフノート」)を設立

株式会社スタジアムは主に、Web面接特化型システム「インタビューメーカー」と、営業コンサルティングサービスを事業展開している。

2012年の創業当初は5名程度の規模の小さな会社だった。それから米倉との離婚騒動を経て、現在は「スタジアム」に社名を変更し社員166名、海外展開するまでに成長。

元旦那との馴れ初め

2011年に東京・港区のバーで出会った。友人の紹介とも言われている。米倉は芸能人だからといって自分をちやほやしない元旦那の「冷たさ」に惹かれた。

2012年8月に、手つなぎデートがスクープされた。米倉は「いい飲み仲間です」と交際を否定していた。

2013年夏ごろから、当時米倉が住んでいた港区の高級マンションで同棲していたようだ。この頃、元旦那は会社を設立したばかりで金銭的に余裕がなかったため、米倉の家に転がり込んでいたとされる。

さらに同12月に元旦那とお泊りデートが報じられ、交際が順調と世間から思われた。

元旦那と入籍するも1日で別居

2014年12月26日に入籍を発表。交際期間は2年だった。

このとき、米倉は「尊敬できる大切なパートナーであることに気付かされました。」と幸せいっぱいのコメントを残していた。

夫婦で、家賃135万円とされる渋谷区の高級マンションの最上階へ引っ越したと言われる。

しかし、米倉は、入籍1日目で別居したとされる。詳しくは後述。

元旦那のモラハラが原因で離婚したか

離婚が成立したのは2016年。

米倉は、上で述べたように結婚1日目で別居。5日目に離婚を決意したとされる。

週刊誌『週刊文春』(2015年4月16日号)によると、その理由は大きく分けて3つ。

1つ目。

元旦那から言葉や態度で嫌がらせをされる「モラハラ」を受け、米倉は我慢の限界で家を出てそのまま別居したとされる。具体的な内容は次のとおり。

元旦那は否定から入る。米倉の着てる服、髪型、爪、バッグも靴も全部変だ、という具合に。さらに、お前は常識を知らないと人格否定したり、米倉と交友関係のある人のことを普通でないと言ったりした。

新居に引っ越す際は「荷物なんか最小限でいいだろう」「あるものすべてに男の匂いがするから捨てろ!」と元旦那が怒鳴った。

あるときは、元旦那があぐらをかき、米倉は床に正座させられて一晩中、5時間も説教させられたようだ。

2つ目。

決定的なできごとは、結婚して5日後に行われた年越しのカウントダウンパーティーでのこと。場所は六本木のクラブ『ColoR.TOKYO NIGHT CAFE』のVIPスペース。酔った元旦那が米倉の頭を飾り付けのバルーンで叩いた。はじめは周囲からふざけてじゃれ合っていると思われたが、そのうち元旦那が米倉の首を絞めだしたそうだ。米倉は唖然としていたという目撃談がある。

ここまで来ると「DV」となりそうだ。米倉が離婚を決意するのにも無理はない。

3つ目。

元旦那は米倉を自社の接待要員や広告塔として扱っていた。それは、元旦那は仕事の取引や接待に米倉を同伴させ、米倉の知名度を利用して取引を成約させていた。

さらに、元旦那は、キャバクラが好きで「俺は米倉の旦那」とキャバ嬢に自慢したり、米倉の旦那という肩書を利用して人脈を広げたりしていたことが、元同僚から証言されている。

米倉からしたら、元旦那の仕事の道具として扱われている感じが気に入らなかったのではないか。

この3つの理由が本当であれば、米倉が精神的にも肉体的にも追いやられ離婚を決意するのは当然といえるだろう。

結婚してから3ヶ月後の2015年3月にマスコミに別居を報道された。元旦那は上で述べた家賃135万円の渋谷区の高級マンションに住み続けていたそうだ。

当時、マスコミの直撃質問に対して、元旦那は「何も言わない」「しつこい!」と離婚協議中のことやモラハラしたことについて否定しなかった。対する米倉は、「うーん」と言葉を濁していたが「辛かったか?」という質問に「うん」と答え、「(旦那への)愛情はもうないのか」という質問にも「うん」と頷き少し笑ったそうだ。

結婚してから2年後の2016年12月30日、所属事務所を通じFAXで離婚したことが発表された。元旦那が一般人という理由で、離婚した事実以外の経緯や詳細などは明かさないことを米倉と約束しているとした。

協議離婚だった。つまり、夫婦の話し合いで離婚が決まったということ。別居から離婚成立まで2年かかったのは、元旦那が別れたくないとゴネたからと言われる。

米倉の好きな男性のタイプはオラオラ系か

米倉の好きな男性のタイプはオラオラ系だと言われている。

元旦那は、2012年頃に撮られた顔写真で、黒の帽子と黒のポロシャツで小麦色に焼けた肌という姿をしている。まさに女遊びが好きそうなオラオラ系のように見える。

さらに、上でも述べたように、米倉は元旦那の「冷たさ」に惹かれた。まさに米倉は元旦那が好みだったのだろう。

米倉の性格は「実はもの凄く小心者」「人見知り」「姉御肌というより、甘えっ子」とテレビ朝日のプロデューサーである内山聖子が述べていた。この内山は米倉が主演を務めたドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』のプロデューサーを務めた人物だ。

さらに関係者によると「米倉さんは芯が強いイメージだが、相手に対して怒れないタイプ」と話した。

このように米倉の性格は、ドラマの役柄からにじみ出る「気の強さ」や「姉御肌」と逆だったのだ。「私、失敗しないので。」というドラマの名台詞があるが、結婚は残念ながら失敗したといえよう。

再婚相手候補はアルゼンチン人のゴンサロ・クエッショ

出典:Instructors – 東京のアルゼンチンタンゴスタジオ エフェクトタンゴ Efecto Tango

新聞『スポーツニッポン』によると、2020年3月24日、米倉が交際中のアルゼンチン人のダンサーと再婚する意思を固めたことを報じた。

名前は、ゴンサロ・クエッショ(Gonzalo Cuello)だ。

画像のように見た目は、イケメンというより色気がでている。ハリウッドスターのジョニーデップに似ていると言われる。

年齢は30代か。

アルゼンチンのブエノスアイレス出身。アルゼンチンはブラジルやチリに近く、日本からみて地球の裏側に位置する。

職業が、振付師、ショーダンサー。

現在、東京は高田馬場にあるダンス教室『Efecto Tango Studio(エフェクト・タンゴ・スタジオ)』で講師を務めている。

経歴は次のとおり。

  • 2005年、タンゴの講師として来日。アルゼンチンと日本を往復している。
  • 2015年9月、デニム素材を中心とした日本のファッションブランド「エドウイン」のCMで女優の水原希子と俳優の瑛太が踊るアルゼンチンタンゴの振り付けを担当した。

ちなみに、アルゼンチンタンゴは、アコーディオンのような楽器・バンドネオンが使われ、鋭いスタッカートでリズムを刻み、打楽器が使われないことが特徴だ。ダンスでは男女が体を密着させ、女性が身を任せることもある。

アルゼンチン人は、イタリア系やスペイン系の白人が9割。性格は、情熱的で女性を大切にする人が多い。

ゴンサロとの馴れ初め

米倉とゴンサロの出会いは2019年4月に放送されたテレビ番組『アナザースカイII』で共演したときとされる。

米倉は共演の1年以上前からアルゼンチンタンゴにハマっていた。それが唯一のストレス発散方法だった。すでにこのとき生徒と教師の関係で出会っていたとも考えられる。

米倉がアルゼンチンタンゴをはじめたきっかけは、2017年8月に番組『ビビット』で女優の真矢みきと対談したときのこと。真矢から「(新しい旦那を)見つけよう。探しとこうか? うちの夫がバレエダンサーだから、アルゼンチンの方と知り合い多いから」というと米倉は「ホント!? マジでやりたいです! すぐ恋しちゃいそうですね」と乗り気だった。真矢みきからは「後悔しないように、ある程度好きな人とやらないと、エラいことになるから」と忠告されていた。このことから、真矢が愛のキューピーっととなったようだ。

米倉とゴンサロにタンゴの共通点があり、初めは生徒と先生の関係だった。そのうち恋愛関係に発展していった。

2020年1月20日、週刊誌『女性自身』により、米倉とゴンサロのお泊りが報じられた。都内のスーパーで仲良く買い物した後、米倉のマンションへ入っていった。翌日の昼過ぎに前日とは違うコートを着てゴンサロは出てきた。着替えの洋服を置くほどの親密さ。

ちなみに、米倉は料理が好きで得意。スーパーで買った食材を使ってゴンサロに手料理を作ってあげたのではないか。

同4月にゴンサロはアルゼンチンに帰り会えなくなる。それを見越して、その前の冬から米倉はタンゴ教室に週に3回の頻度で通っていたそうだ。

オスカーを退社した理由は再婚するためか

米倉は、1992年から27年間所属していた芸能事務所「オスカープロモーション」を離れ、2020年4月から個人事務所「Desafio(デサフィオ)」を設立した。

この個人事務所は、マネージャーを雇わず米倉が社長としてすべてを自分でマネージメントしている。社名はスペイン語で「私は挑戦する」を意味する。スペイン語を使ったのはアルゼンチン人のゴンサロと付き合っている影響だろう。

オスカーの所属契約終了は、表向きは円満退社とされている。しかし、この退社の理由は明らかになっていない。再婚を固めた報道と退社のタイミングが近いことから、オスカープロモーションが米倉の再婚に反対したため退社したと予想できる。

この退社により米倉の収入は3分の1程度に減ると言われる。オスカーでは給料制だった。歩合はモデルの頃にだけ。2021年4月26日放送のバラエティ番組『しゃべくり007』にゲスト出演した米倉は退社について「お金をもらうために頑張ろうとかそういう感覚でやっていないのでそこに不満がなくて」と述べていた。

安住紳一郎とお似合いの関係

米倉のお似合いと言われている人物が、TBSアナウンサーである安住紳一郎だ。

安住は2021年現在47歳で独身。2007年には2年連続で人気男性アナウンサーランキングで1位を獲得していた。

2人の出会いは、テレビ番組『ぴったんこカン・カン』で共演したこと。

同番組は2003年から放送開始され、2021年現在も司会を安住が務める。米倉は2020年までに13回ほどゲスト出演している。

謙虚な性格の安住と、破天荒なイメージの米倉が一緒に食事をするシーンが度々取材された。そのシーンをみた視聴者から「安住アナは米倉さんと結婚すればいいと思う。 お似合いだと思う。」「早く告白して〜安住さん」などのコメントが寄せられた。

しかし、米倉は再婚相手の候補とされるゴンサロと交際している。こうなると、安住と結婚する可能性は低い。