石原詢子の結婚歴は無し、西田敏行がタイプ。現在は体力の衰えからジム通い

今回は演歌歌手の石原詢子さんについてまとめていきたいと思います。

50歳を超えた石原さんですが、巷では「カワイイ」「50に見えない」と話題となっております。

石原さんのプロフィールや結婚歴など気になる話題を掘り下げていきましょう。


石原詢子のプロフィール、年齢よりも若く見える

では石原詢子さんのプロフィールについてみていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原詢子(@junko_i.1021)がシェアした投稿

  • 名前 石原詢子 いしはらじゅんこ
  • 本名 石原悦子 いしはらえつこ
  • 出身地 岐阜県揖斐郡池田町
  • 生年月日 1968年1月12日
  • 身長 161cm
  • 血液型 A型
  • 学歴 岐阜県立揖斐高校
  • 資格 詩吟揖水流師範代
  • 所属 石原音楽事務所
  • 趣味 絵画、歴史小説
  • 好きな食べもの ラーメン、寿司
  • 座右の銘 初心

ご年齢は2020年現在で52歳です。その割には若々しいですよね。世間からも次のような意見が見受けられます。

プロフィールを再度見ると、なんと詩吟家元の生まれで詩吟師範代の資格をお持ちです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@ur_____msc.0)がシェアした投稿

若くして詩吟の指導もなさっていたそうですが、歌手の石川さゆりさんに憧れ、演歌歌手の道を目指したそうです。

石原詢子の結婚歴は無し、西田敏行がタイプ

さて、気になる結婚歴はというと…現在は独身だそうです。

2014年にリリースされた吉幾三さん作曲の「濃尾恋歌」で、かなわないと知りいながら、遠くにいる男性を待ち続ける女性の一途な想いを歌いました。

しかし、石原詢子さんは「私は後で傷つくのでできない。前を向かないと次に進めない」とポジティブさを述べた上で、プライベートについては「どうでしょう。結婚しないといけないですけど」と笑ったのです。

さらに曲の歌詞とは正反対で「多少待ったとしても、この女性のように帰って来るか来ないか分からない人を待つタイプではない。わりとバッサリ切るタイプです」と男前なコメントです。

意外とサバサバしたタイプなのでしょうか?この潔さは逆に気持ちよくもあります。

今まで歌や舞台に一筋で恋愛は二の次になってしまっていたのでしょうか。普段のファッションもキュートですし、まだまだチャンスはあるのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

shouhei(@shiyou3511)がシェアした投稿

ちなみに、好きな男性のタイプは、優しくて何事も一生懸命な人なんだそうです。芸能人では西田敏行さんだといいます。

石原詢子が歌手生活30周年を迎えた、現在は体力が落ちてきたことを実感し毎日トレーニング

2017年で歌手生活30周年を迎えた石原詢子さんですが、37曲を発表しています。

詩吟家元に生まれながら親の反対を押し切ってまで演歌歌手の道を目指しました。とてもその生き様が歌にも込められているような気がします。


出典:体幹トレーニング | 石原詢子オフィシャルブログ「~詢子のひとりごと~」Powered by Ameba

現在は、年齢とともに体力が落ちて体のキレもなくなってきたと感じているそうです。

そのため、ほぼ毎日、スポーツジムでトレーニングしているんだとか。

ウォーキングマシンに乗りながら、歌を歌っているときの身振りや手の動き、表情などを加えて表現していこうと考えているそうです。

ファンの方を満足させようという意気込みが素晴らしいですよね。本当に努力家です。こういった日々の積み重ねが歌声に表れているんでしょうね。

以上、石原詢子さんについてのまとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)