山下健二郎はダウン症なの?USJ時代とは?ダンサーで活動してた?実家の住所は?

ダンサー

三代目JSBのパフォーマーとして活躍中の山下健二郎さんがダウン症の疑惑がありますがデマです。

それから、USJダンサー時代を経ていました。

実家の住所が『週刊EXILE』で向日市という噂ですが京都市内のようです。

詳しく見てきましょう。


山下健二郎のダウン症疑惑

山下健二郎さんが“ダウン症”なのではないかという疑惑が浮上しています。

なぜ疑惑が浮上したのかについて調べてみたところ、

幼少期の頃の表情がダウン症のように見えた人がいたこと

結論から言うと山下健二郎さんがダウン症である可能性は極めて低いとのことです。

もう1つ、山下健二郎さんがダウン症と言われる所以があります。

Yahoo知恵袋で次の画像が上がりました。

山下健二郎さんが左から右のように太ったことが原因です。
この太った山下健二郎さんをダウン症の方のように見えてしまったというのです。

まずはダウン症について簡単に説明します。

ダウン症とは染色体のズレから1000人に1人の割合で誕生する先天性の症候群

  • 発達障害や知能障害があり、健常者の2倍も成長に時間が掛かる
  • 産まれてから判明する病気で治らない
  • 治療法はなく顔に特徴が見られる事から見た目でダウン症と判断できる

見た目で判断が出来るという部分で、そういう風に見えたという人が多くいたことから、根も葉もない噂が広がっていったのだと思われます。

山下健二郎がダウン症ではないと思われる大きな理由

ダウン症である可能性が極めて低いと言える理由について紹介したいと思います。

大きな理由の1つとして発達障害のダウン症患者が、三代目JSBの様な激しいダンスと過酷なトレーニング、そして、ツアーするには余りにも厳しい。

普通の人間でも厳しい世界に飛び込むとは考えにくく、心臓にも負担がかかるダウン症患者には不可能。

ダウン症患者は心臓に障害のある人も多く、激しく運動する際は必ず医師の診断が必要になるほど深刻なことなんです。

健常者に比べてダウン症の方は身体的にもハンディキャップが幾つかあります。

  • 筋力の弱さ、握力の弱さ
  • 走力・跳力の弱さ、瞬発力の弱さ
  • 反射神経の遅れ、運動のタイミングの悪さ
  • 協応性の乏しさ
  • 平衡感覚の鈍さ
  • 姿勢の不安定さ

以上に挙げた項目は全てが三代目JSBでプロのダンサーとして活動する中で1つも欠かせない必要不可欠な物なんですね。その点から考えると山下健二郎さんがダウン症である可能性はかなり低く思います。

山下健二郎のダウン症を幼少期からの画像で検証

幼少期のころの顔が“ダウン症”であるように見えたという人が多くいたということで、画像で顔に注目して見ていきたいと思います。

上の写真は幼少時代です。

とても可愛い顔つきをしてますね。
黒目が大きくてキュートです。
この頃からイケメンになる要素がシッカリ詰まっていますね(笑)

上の写真は中学時代です。

周りの同級生たちに比べ、各段に身長も高く、ガッチリとしていて体格も良く見えますね。
肩幅もとても広くて、マッチョな感じに見えます。

上の写真は高校時代です。

明るくてムードメーカー的な存在だったという山下健二郎さんですが、高校時代はバスケットボール部に入部して活躍されていたそうです。
三代目JSBでも“お笑い担当”といっても過言ではないほどのムードメーカーなんです。

顔つきを見てもダウン症だと思えないですよね?

マッチョで体格も良く、ダウン症特有の身体的なハンディキャップとされている“筋力の弱さ”を感じることもありませんし、バスケットボール部で活躍されていたということで反射神経も運動神経も瞬発力も良かったと思われますので、この『山下健二郎さんがダウン症である』という噂は、デマだったといえると思います。

山下健二郎はUSJダンサー時代を経ていた

山下健二郎さんはデビュー前は大阪のユニバーサルスタジオジャパンでパレードダンサーを務めていた経験があり、コミカルなダンスを踊っていたことを「しゃべくり007」で明かしました。その意外な経歴にスタジオが唖然としたそうです。

山下健二郎さんは大学へ進学するもののすぐに辞め「キャットミュージックカレッジ専門学校」でストリートダンスを学んでから、卒業してすぐにUSJのダンサーになります。

美大に進学したものの、大学を10日で辞めて母親の勧めで「キャットミュージックカレッジ(専門学校)」ストリートダンス専攻へ進んだようです。

USJを辞めたあとEXPG大阪校のインストラクターでE-girlsのメンバーを指導していたこともあるそうです。

2009年にEXILEのオーディションに合格したので、USJで務めていた時期は2007年~2009年までの時期だと推測されています。

とてもいい笑顔ですよね。
三代目メンバーも山下健二郎さんのこんな笑顔は見たことがないと言っていたそうです。

さすがパレードダンサーですね!
笑顔が素敵で見ているこちらまでテンションが上がって楽しくなれそうです。

『週刊EXILE』で山下健二郎の実家の住所が判明!?向日市のマクドナルドか

山下健二郎さんの実家の住所が噂では「五条」「長岡京」「向日市」が出てきます。

実際には、山下健二郎さんの実家は、京都市内の名刹・清水寺の近くだそうです。

山下健二郎さんの父親は、マクドナルドのフランチャイズ店を経営しているようなのです。

山下健二郎さんも実家のマクドナルドを手伝っていたそうです。

実は、山下健二郎さんの「実家が寺」「実家が神社」という噂もあります。

なぜそのような噂が浮上したのかというと、とある番組で京都の神社を訪れた際に、視聴者が「実家が神社」なのではないかと誤解してしまったといわれています。

では、実際はどんなお宅なのでしょうか?

山下健二郎の実家が『週刊EXILE』で公開されて話題となったようです。

ひいおじいさんが清水六兵衛(きよみず・ろくべい)という有名な工芸家さんなんです。

「清水六兵衛」という名は、現在で8代目。日本全国で展示会を開いていて日本だけではなく日本の陶芸を世界に広めたいと海外でも展示会を開いているほどの工芸家さんです。

初代の清水六兵衛さんは、1771年にまで遡るのですが、その頃と言えば杉田玄白が初めて人体の解剖図「解体新書」を発刊した頃です。

山下健二郎さんのひいおじいさんというのはその6代目に当たります。

実家には陶器を焼く窯などの設備もあり、売れば1つ数百万する超高価な工芸品が沢山あるそうです。京都五条坂の陶芸の家系で、文化功労賞を受賞しています。

山下健二郎さんの実家で飼われているワンちゃんなんですが、とても賢そうな顔つきをしていますね。名家にふさわしい名前で、ひいおじいさまの「六兵衛」という名前を引き継ぎ、“十兵衛(じゅうべぇ)”ちゃんという名前なのだそうです。

実家が陶芸の名家である上に清水寺の近くにあるとは風情が漂いすぎていて、生まれながらにしてスペックが高い!って思っちゃいますよね。

山下健二郎の出身中学・出身高校

山下健二郎さんの住所を検索したときに「長岡京」「向日市」が出てくるのには、出身中学・出身高校に関連があるようです。

山下健二郎さんの出身校が、長岡京市立長岡第四中学校、向日市の京都府立向陽高校という理由からです。

どうやら出身中学・出身高校が検索ワードに関連しているのは間違いなさそうですね。

美大を10日で中退して、それからはダンスへの道をひた歩きしてきた山下健二郎さんですが、今は三代目JSBとして、プロのパフォーマーとして活躍中。

とても明るく三代目JSBでもムードメーカー“お笑い担当”として盛り上げています。

これからも思い切りのいい、山下健二郎さんの『ダンス道』や、パーソナリティとしてのトークから目が離せません。

山下健二郎の家族構成

山下健二郎さんは『父、母、兄』の4人家族でとても仲が良いんだとか。

山下健二郎さんの両親は三代目JSBのライブにたびたび参戦しているようで、その様子を山下健二郎さんがSNSにアップしており、仲の良さがうかがえますね。

ちなみに山下健二郎さんのお母さんはELLYさんのファンだそうです。

家族の仲の良さが画像からも伝わってきますね!

山下健二郎さんの1番の熱狂的なファンはご家族なのでしょう。

このお母さんが山下健二郎さんにダンスの道(専門学校)へ勧められたということで、山下健二郎さんの原点はこの“思い切りのいい母親”にあるのかもしれません。

山下さんはお兄さんがいるのですがお兄さんも芸術系の大学を卒業されています。

お兄さんの名前は『山下正太郎』さん。

京都工芸繊維大学院デザイン経営工学専攻を修了された後、コクヨという文房具・オフィス家具の大手メーカーで働いています。

現在は「WORKSIGHT(ワークサイト)というWebサイト/情報誌を立ち上げとともにそのWORKSIGHTの編集長をされています。

山下健二郎さんが美大、正太郎さんも芸術系の大学に進学しています。
実家の稼業の影響なのか、芸能家の血を受け継いでいるからなのかは分かりませんが。

芸術系大学を卒業後は大手企業の“コクヨ”に勤務。
家族揃って“エリート一家”ですよね。

このWORKSIGHTも実は“三代目”というウソのようなホントの話があります。

もともとコクヨではこれからのオフィスを考える・提案するということを昔から取り組んでいるのですが、その初代の情報誌が、

  • 一代目EFICIO(1987年)
  • 二代目CATALYZER(2005年)
  • 三代目WORKSIGHT(2011年)

なのです。

ひいおじいさんが六代目清水六兵衛で、お兄さんは三代目WORKSIGHT編集長で、山下健二郎さんは三代目JSoulBrothersって出来過ぎですよね(笑)

兄弟揃って“三代目〇〇”だったという話でした(笑)
若干のこじつけ感も感じなくはありませんが、それでも凄いですよね。
人間生きてて、滅多に『〇代目』などと称号がつくことはないですもんね。

弟のライブを「ひたすら凄い!世界が違う!」と大絶賛する正太郎さん。

今の人気や現状を見ているとは「あの弟とは思えない」と話を切り出すお兄さん。

山下健二郎さんが目黒のボロいマンションでお腹を空かせていた貧乏な時代があったそうです。

その当時は、実家から米や食品・物資の支援をしていたそうなんですが、実はこれ山下健二郎さんが家族を『送らないと色々なところから金を借りるぞ!』と逆脅しされたんだそうです(笑)

家族会議が開かれて話合われた結果、「それはマズイ!」となり、これは支援をしないと大変なことになると食品や物資を頻繁に送っていたのだそうです。

“お笑いのセンス”がある山下健二郎さんならではのジョークなのでしょうか?(笑)

コメント