阿部敦の裏名義は何?歌が上手い!受け演技が評判?大学はどこで年齢は?

声優

今回は、声優の阿部敦さんの裏名義や歌が上手いことなどについて見ていきたいと思います。

プロフィール

名前   阿部敦
愛称 あべし、べし
出生地 栃木県足利市
生年月日 1981年3月25日(年齢37歳 ※2018/05/18現在)
正座 / 干支 おひつじ座 / 酉年
血液型 O型
身長 161 cm
職業 声優、舞台俳優、歌手
事務所 賢プロダクション

声優だけではなく舞台俳優もやっているのですね。声だけではなく演技もできるとなると声の深みが増しますね。

声優になったきっかけ

芝居がもともと好きだった阿部さんは子供の頃なんとなくテレビを見ていたところ、偶然、声優特集をしていたことがきっかけで

芝居が好き×アニメが好き=声優が天職!

と閃いたみたいです。

子供の頃からのあこがれって、強い願望に変わりますね。それが叶ってよかったですね。今の活躍ぶりから大成功といったところでしょうかね。

スポンサードリンク

大学から声優に遅咲き

元々芝居やアニメが好きで“声優”という職業に興味を持っており、高校時代から演劇部に所属。

高校卒業後は4年制大学の経済学部へ進学。

大学卒業後、「声優を目指すなら今が最後のチャンスだ」と考え、アルバイトをしながら東京アナウンスアカデミー(現:東京アナウンス・声優アカデミー)に通った。

その後、同アカデミーで行われた合同オーディションで声優養成所のスクールデュオに合格。同養成所を卒業した後、賢プロダクションへ所属。

子供の頃から声優を目指していたようですから、底力があったのでしょうね。それにしても経済学部だけれど声優を選ぶという大きな決断をされましたね。

具体的な大学名はわかりませんでした。

阿部さんの場合は地元でもレッスンを積まれていたということなので、やはり地元のサークルとか部活には入って演技を学んでおくのがベストですねΣd(・ω・*)ビシ

やはり、それなりの努力があったからこそ、活躍が大きい声優さんになれたということなのでしょう。

裏名義

  • 神凪儚(カンナギハカナ) 
  • 銀巽(シロガネタツミ) 
  • 寺竹順(テラタケジュン) 
    • 4色青、きみはじ、着物男子3、愛し君に戀文を2、クッキーの片想い
    • 声が優しい。きみはじ最高
  • 凪原薫(ナギハラカオル) 
  • マジック(マジック) 

裏名義は複数持っていますね。それにしても読み方がどれも難しいですね。

阿部さんのBL(ボーイズラブ)の声を聴いてみたいというファンの方や勉強したい!?という声優志望の男性の方は裏名義で探してみてください。

BL(ボーイズラブ)についての説明は割愛します。

検索すればすぐに意味は出てきますね。

スポンサードリンク

受け演技が好評の噂

男性声優の大きな収入源といわれているのがBLですね。

声が高い印象の阿部さんの演技も受け演技的に好評らしくなかなかの数のCDに出演されております。

声優の道も険しいですね。BLにも出演しないと食べていけないほどなのかも知れませんね。

歌が上手いとの噂

声優といえばなんといっても歌!という人も多いはず。

現に昔はアイドル声優だけ歌を求められましたが、現在だと歌が歌えなくちゃ声優になれないくらいです。

声優さんは声が主体ですから、歌ってもうまそうなイメージがあります。阿部敦さんも上手いとの評判が多数です。

次のように、ネット上の声をいくつかピックアップしました。

何となく癖が強いような。。

キャラソンなのでそんなもんですね(*‘∀‘)

阿部さんは特に声質、演技力は他の声優さんに負けていないと思います。あの優しく、穏やかな声質だけでなく、声域は狭いですが、それを補うぐらいの演技力を持っていると思います。歌唱力は凄い!とは言えないと思いますがキャラ一人一人に合わせた歌い方で上手に補っていると思います。これからも阿部さんには、頑張って貰いたいです!

声質が最近の声優にしては特徴合って良い

声は少し高めのザ・主人公声
透き通っていて硬さも艶もある本当にいい声だと思う。

主人公な声となると人気もあがっていきますね。

声が良い。
もっとアニメで活躍して欲しい。。

とても綺麗な声をお持ちだと思います。
歌もお上手で、低音も高音も素敵です。
声幅は狭いけれど表現力を重視して演技なさっているように思います。

声が良いというコメントが多数ありますね。

経験が大事

やっぱり声優としても、経験ってすごく必要だと思うんですよ。

お芝居って技術だけじゃまかなえないものがあるんです。
例えばセリフ一つでも、ものすごくキャリアを重ねた人の一言と、新人の一言って重みが全然違うんですよね。

それって何が違うのかを考えると、もちろん技術もあると思うんですけど、今までの経験や人生の積み重ねだと思うんですよ。
新人の頃の若さとフレッシュさは、年齢や経験を重ねるごとに失われていくんですけど、代わりに得ていくものはある。その辺も経験でカバーしていける役者になりたいですね。

経験って、自分の人生を豊かにさせると思うんです。せっかく好きな仕事をやれているので、楽しく仕事をしつつ、いろんな経験をしつつ、お芝居も深めていけたらいいなって思います。

その人のバックボーンって演技や一言に重みをもたせますね。それを認識している阿部敦さんは、これからも様々な経験を積んで、さらに深みのある演技や声優業でご活躍してくれることでしょう。

コメント