ディーン・フジオカは持病がある。病気で引退する説あり。

「五代さま」こと俳優のディーン・フジオカは持病を抱えています。

アレルギー体質で、グルテンアレルギーと花粉症なのです。グルテンフリーの食事と薬の服用でなんとか症状を抑えて持ちこたえているそうです。

それと、顔面麻痺なのです。俳優にとって致命的になりかねないものなのでどの程度の症状なのか気になるところです。

これらの持病のため、芸能界の引退の噂もでているほどです。

それでは詳しく見ていきましょう。

アレルギー体質でグルテンアレルギーと花粉症

2016年3月31日、フジオカが都内で「ピーターラビット展」の記者発表会に出席しました。

「グルテンアレルギーなので、だいたいのレストランにグルテンフリーのメニューがあったのがよかった。花粉症だが、今は薬のおかげで何とか生きていられる」

と苦笑していました。

これは辛いですね。グルテンはいたるところの食事に含まれています。それに花粉症は日本で毎年花粉が舞う季節がやってきます。

ところで、グルテンアレルギーがわからない方に補足説明しておきます。

グルテンは小麦粉に含まれています。小麦粉を水でこねるとネバネバしてきますよね。それがグルテンです。ですので、パンやパスタ、ラーメン、ケーキなど様々なものに含まれているのです。

そして、グルテンアレルギーはセリアック病・小麦アレルギーなどとも言われます。食べたグルテンが免疫異常を起こして腸の粘膜を傷つけてしまい本来排出される毒素が体内に吸収されてしまうのです。これをリーキーガット症候群と言います。そしてアレルギーによる大きな健康被害が生まれてしまうのです。

症状としては、腹痛、下痢、便秘、神経障害、疲労感、集中力の低下、頭痛、湿疹、関節の痛みなどがあります。

フジオカは、グルテンが含まれない食事であるグルテンフリーによって対応しているわけですね。

NHK「ぐるっと関西おひるまえ」に出演した際に、番組の中で「大阪のどんな食べ物がお好きですか?」という質問に応えました。

「僕、DNAチェックしたらグルテンアレルギーってことが分かって、小麦粉と粉モンがだめんなですよ。それでお肉とか魚とかを。大阪来て食べた肉のクオリティは美味しいとかいう次元じゃなくて、NEXTレベルでしたね(笑)」

2016年1月に出演した「ぴったんこカンカン」でも大阪で通っているレストランでグルテンフリーのメニューを注文していることを明かしていました。レストランの店長がフジオカに特別でグルテンフリーのピザを作っているのでした。

2016年2月18日放送された「櫻井有吉アブナイ夜会」では、グルテンが含まれていない米粉でできているベトナム料理の麺「フォー」が紹介されていました。

グルテンフリーの食べ物があるだけでも安心して食事ができますね。

花粉症に関しては薬で抑えられているなら大丈夫そうですね。俳優にとって花粉症は大変です。目が赤くなったりくしゃみが出たり鼻水が出たりして演技どころではなくなってしまいますから。

顔面麻痺により俳優を引退していたかもしれない

フジオカは俳優を引退していたかもしれないという過去がありました。

それは2013年頃に顔面麻痺になっていたからです。

「一度、麻痺すると半年以上リハビリにかかる」という重症ぶりだったのです。

もう少し具体的な症状としては、寝るときに目にテープを貼って固定しないとまぶたを閉じれなかったり、歯を磨くときに口から唾液がたれてくるような状態で、それが1年以上続き俳優業を引退しようと本気で考えたようなのです。

原因としては、疲れやストレスでした。

自身が監督もつとめた映画『I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜』の公開されたのと、自身がプロデュースした自身のアルバム『My Dimension』が発売された年でした。

さらに、海外・台湾での主演ドラマにも出演することができませんでした。

そんなことがありましたが、今では普通に喋れてご飯が食べられるまでに回復しています。

2016年には、記者会見の出席、雑誌のモデル撮影などもこなしていて、連日のハードスケジュールで流石に疲れているようです。

「次から次へと日本国内で仕事をこなしていますが、ディーンさんは本来、海外を拠点にして活動する国際派の俳優で、家もジャカルタです。ツイッターでも漏らしていますが、休みが少ない日本でのハードスケジュールに、疲労とストレスがかなり溜まっているのではないでしょうか」(報道関係者)

フジオカがツイッターで漏らした内容は、2016年6月26日、

「ここ1週間くらい体調最悪でも仕事休まれへんし、死線を彷徨ったわー」

「好きでやってる仕事やのに、むっちゃしんどい時間に感じてまうの、ほんま悲しいわ」

「注射ナンボ売っても、薬ナンボ飲んでも、病気は寝なきゃ治らんねやっぱし」

と連続でツイートしたのでした。

過労でグロッキーな状態だったのでしょう。

同じ事務所「株式会社アミューズ」の福山雅治は50歳を過ぎて、12歳年下のフジオカに仕事がシフトチェンジすることも考えられるようです。

しかし、元々海外志向の強いフジオカは、日本でこき使われすぎて嫌気が差し、日本から撤退するなんてことがなければよいですね。